はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

今週の『金剛番長』など

突然の敵幹部(?)顔出し→有象無象大量襲撃
という、ジャンプならあと3話ぐらいで終わる展開なんですが、別に急に人気が落ちたようにも見えず、(サンデー的に)焦るほどの話数を書いているわけでなし、ここは敢えて地雷原に突っ込んだのだと思いたいので、来週以降の捌き方に注目です。
実際ここで捌き損ねると、結構ダメージ出る気しますが、対決ラッシュ→インターミッション→明かされた秘密、ときて、ここが新展開、作者の腕の見せ所。
最も安直なパターンは、居合・剛力・卑怯・サソリが現れて、金剛含めて各個撃破、ですがさてはて。後ろ二人はともかく、前二人ぐらいはありそうというか、今ひとつ流しっぱなしで終わってしまった剛力あたりの再登場の理由付けには丁度良いのですけども。
面白く持っていってほしいなぁ。
あと金剛は相変わらず、殺る気まんまんで、ちょっぴり不安になる。
殺る気といえば、珍しく普通に人間が刺されて転がっていた『結界師』ですが、あのメガネの人はキャラ的に面白くなってきていた所だったので、生きていて良かった。そして刃鳥さん(20歳)が好きなので、今回のシリーズでは出番あって嬉しいのですが、本格的に戦うなら、大きな鎧の時以来? 来週以降、当座のヒロインの座を時音さんから奪うぐらいの勢いで、是非。
あと、コブタさん達、無事で良かった(笑)
しかしテンション高いなぁ、藤田和日郎
負けるな頑張れ鈴木央