はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

今週の『金剛番長』感想

飛んできたのは……金剛兄ではなく、ミサイルでした。
にしても、台詞の流れだけ見ていると、念仏番長は自衛隊の存在を知らなかったように読める気するのですが、……まあ、念仏ならありか。
ミサイルの炎の中で高笑いする爆熱、というのは、久々に番長の“マッドさ”が前面に出ていて良かった。
このマンガにおける“番長”とは、信念への妄執という点においてマッドであって、拉致→着替え→短歌、と攻めてきた居合とか、集団坊主セミナーの初期念仏とか、ああいうのが必要だと思うのですよ。
監獄や粘着の語りが外し気味だったのはマッドさの不足による所が大きいと思うのですが、その点、爆熱はいい感じにマッド。
おいしくなってきた所だけに、来週、またも金剛に圧倒されそうでちょっと勿体ない気もしますが、まあ、おいしい時が狩り時か。火薬振りまいて火つけるのはあり、の時点で大負けフラグですし(笑) どうせなら、追いつめられた時点でいきなり卑怯者に転身、という所まで見たい気もします。
そして金剛の拳の色が、壊死寸前、みたいでちょっと怖い。