はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『天下創世』プレイ録:簡易版6

なぜか今頃になって、氏康(50歳)秀吉(28歳)の間で、
草履が暖かいよイベント発生
いやいやいや、今、秀吉、岩村城で城主やっているのですが!
氏康は室町御所に居るのですが!
草履を暖める為に長野から京都まで出張する男、秀吉
そして改めて落ち着いて考えると、むさくるしい男の懐で暖められた草履はイヤだ(それは言ってはいけません)。
遂に山城を獲った自称将軍様は、ひたすら西へと進撃。
勢力も絞られてきたので、いい加減特に変な事も起こりません。
現在、畿内〜中国地方にかけて&四国を統治する長宗我部家と、ノーガードで血まみれの殴り合い中。結局最後は、動員兵力の差になるこのゲーム、作業プレイというか、圧殺プレイ。
(前線で侵攻を繰り返す→勝ち負け引き分けの如何を問わず互いの兵が削られる→減った兵員を後方の領地から補充→繰り返し→先に兵力の間に合わなくなった方が防衛しきれなくて負ける)
金でも兵糧でも兵でも騎馬でも鉄砲でも、「輸送」は北海道から京都でさえ一瞬ですから(笑) まあ、そのぐらいは人間(プレイヤー)に有利で良いかなとは思いますが。
長宗我部を倒したら次は毛利と対決する事になるのですが(毛利は嫌だなぁ)、毛利家が朝敵に指名されているせいか、長宗我部も大友も、ひたすら毛利に侵攻をします。大友は九州を統一する気がないのか、神に祈ったら「耳川に近寄るな」という声が聞こえたのかだとしか思えません。このままだと天下統一最後の障害が、島津……通り越して、肝付家とかになりそうでドキドキです。
そうだ、変な事といえば、氏政(追放した)に子供が産まれました(妻は離縁して武田に帰った)。
…………どこからどうツッコめばいいのか。