はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

気になるけど、移植待ち

〔『信長の野望・天道』公式サイト〕
最近、信長の顔はこれで固定されたよなー。
ところでここしばらくは、『革新』PK版追加シナリオ「太閤の恩」をプレイしています。
関ヶ原後、徳川家の政治戦略の失敗により、大阪方に真田(&十勇士)・加藤清正福島正則などが集い、家康vs秀頼で、天下分け目の合戦再び、という仮想シナリオ。
どう見ても、秀頼で同盟諸国と協力しつつ徳川家を倒すのに挑戦、というシナリオなのですが、これを家康でプレイしています(笑) まあ家康も優位は優位なのですが、版図の広大さに比べて武将数が圧倒的に少ない為に領地経営が厳しく、プレイヤーがまともにゲームを進める為には、人材の移動だけで最初に一苦労という(^^;
私が最初にやった事は、四国と九州の領地の廃棄(笑)
初期配置では、武将が足りなすぎて、戦闘も開発もほぼ何も出来ないので。
その後はみちみちと進め、北部の敵対勢力を全て降伏させ、最近、大阪城を陥落させました。秀頼を捕まえてしまったので、すかっと斬首したところ、真田昌幸が跡を継いで、豊臣家→真田家になってしまいました(笑)
なにか既に、シナリオのコンセプトが崩壊。
一度、後代のシナリオをやってみたくて息抜きがてらプレイしているのですが、城の名前があちこちで変わっていて、割と混乱。そしてやっと、立花宗茂が見られた。
これを終わったら、あと一押し(?)の『セブンスドラゴン』を頑張りたいと思います。