はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

小倉記念

なぜ、ダイシンプランが藤岡康太で、福永祐一マイネレーツェル
まあ、マイネレーツェルもまだまだ期待できると思いたい馬ではありますが。
前走乗って勝った馬ではなく、テン乗りであまり縁のなさそうな所(まあ川田が多いですしエージェントのラインではあるのかもしれませんが)に乗るというのも、少々不思議。
その川田はダイシングロウで、こちらは以前に川田で勝っていますが、近走はぱっとせず。藤岡佑介がしばらく乗っていましたが、藤岡兄弟と福永とかの辺りは何となく馬が循環している風もあるので、その辺のなんか錯綜なのか。
せっかく福永乗せるなら、少し前めから行くのかなぁ……と思ったら、前走、川田が前めで乗って9着なのか(^^; まあ、追い込み一辺倒から少し変えていくなら、この鞍上変更は面白いか。
それにしても、遂に重賞馬となったコスモプラチナも参戦で、この辺りのローカル重賞にステイゴールド産駒が2頭3頭と出てくるのは、すっかり恒例行事?になりつつあるなぁ。
ここから上に行けた馬が今のところドリームジャーニーだけという事ではあるのですが(^^;
サンライズマックスも、春天頑張りましたし、中長距離の最前線で戦えるぐらいの所まで、行ってほしいものでありますが。