はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

4番打者はどこから来たのか(とりあえずセリーグ編)

08’、09’、の巨人軍批判の一つに、「4番も、エースも、クローザーも、全部よそのチームの選手」というのがありました。確かに事実ではあるのですが、さて、クローザーとエースはともかくとして、4番打者を自前で育てているチームって、そもそもどのぐらいあるのか? というのが常々疑問に思っていたので、日本一で野球熱があがった勢いで調べてみました。
以下の図は、過去10年(2000〜2009年)におけるセリーグ6球団の、年ごとの“代表的な4番打者”です。各年度のパワプロとか持っていれば良かったのですがそういうわけでもなく、ネット上で集めた情報などを元に調べたものなので、一部に事実誤認などを含む可能性があります。また、監督やチーム事情により、はっきりした4番打者、が不在の年などもあるかと思いますが、成績などからある程度類推して埋めている場所もあります。“そのチームのファン”から見ると、ちょっと違う、という部分もあるかもしれませんが、その際は、コメントなどいただければ幸いです。
(並びは、2009年ペナント順位より)


巨人中日ヤクルト阪神広島横浜
2000松井ゴメスペタジー新庄金本ローズ
2001松井山崎?ペタジー金本鈴木尚
2002松井立浪ペタジーアリアス金本
2003ペタジーアレックス
立浪
ラミレスアリアス新井
シーツ
ウッズ
2004小久保福留ラミレス金本ラロッカウッズ
2005小久保ウッズラミレス金本新井
ラロッカ
佐伯
2006ウッズラミレス金本新井村田
2007ウッズラミレス金本新井村田
2008ラミレスウッズ畠山金本栗原村田
2009ラミレスブランコデントナ
畠山
金本栗原村田
赤字が、いわゆる“生え抜き”(ここでは、ドラフトでその球団に入った選手、と定義)選手です。
まあ、一目瞭然ですが、4番打者の問題で他球団に文句言えるのは、広島横浜のファンだけという(笑) 広島に関しては特に財政的な問題もありますが、2000年以前に関してもやはり生え抜きの江藤が4番に座っていましたので、獲られても獲られても次を担う人材が出てくる所は、素晴らしい球団です。
中日も2000年前半は生え抜き選手の4番が目立つというのは、なかなか面白い所。もっとも、ゴメスからウッズの間、福留が出てくるまでは、打撃面では苦しんでいたと思いましたが。
阪神の2001年と横浜の2002年はどうしても埋められなかったのですが、横浜は続けて鈴木尚で良いのか……? 佐伯の時代とかあったというのは、今見ると驚く。
ヤクルトは、色々と、わかりやすい(笑) 畠山が今後育ってくれば、面白くはなりますが。
巨人は結局、このあと最低5年、長くて10年は4番に君臨する筈だった松井が抜けた欠落なのですよね。
ところで表にして気付いたのですが、巨人と広島は、ちょうど好対照。主軸がチームを去った後に、我慢しなかったチームと、我慢したチーム。それでも新井が一本立ちするまで約3年かかっているわけですが……補強に走った巨人も暗黒期に突入しているので、何とも言えない。
あ、阪神に関しては、ノーコメント、という事で。
出来ればパリーグ編もやりたいのですが、案の定、調べるのが結構大変だったので、実行するかどうかは不明。