はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ヤングガンガン読んだ

たかしげ宙×七月鏡一のクロスオーバー企画で、ついに『死がふたりを分かつまで』に楯先生が登場したというので、パラパラと読んできました。
……あー、いや、作画の方(DOUBLE-S)には申し訳ないですが、楯先生出てきたシーンで、笑ってしまいました。
身内の絵描きにもよく言われるのですが、「藤原芳秀の絵」って、徹頭徹尾、「藤原芳秀の絵」であって、他の誰が描いてもどうにもならないよなぁ、と改めて。
マンガ見た限り、特別下手なわけでもないだけに、楯先生の所だけ物凄く苦悶と苦悩のあとが見えて、むしろ『死がふたりを……』の絵描きさんに、少し同情。
なんというか極端な話、藤原芳秀は、デザインよりもカット割りで格好良く見せる絵描きなので、藤原キャラを格好良く見せるには、藤原さんのカット割りが必要なのです。
本当に、『死がふたりを……』の絵描きさんには申し訳ないのですが、
楯雁人の“華”である割ってはいるシーンがあれだけ格好良くないのにこの先何を期待しろというのか
まあ、クロスオーバーというのは、その辺り、度外視すべきものなもしれませんが。
闇のイージス』の大ファンとして書きますが、形が明確になった事で改めてはっきりとしたのは、「原作者二人が楽しい」以外、誰も幸せにしない企画ではないでしょうか、これ。