はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

15といえば山倉和博

〔巨人・松本、背番号「64」から「31」に/sanspo.com〕
巨人の「31」番というと、誰か居たっけ……と思ったら、水野雄仁か。
凄い普通に忘れてました、水野。すみません。
水野→三沢興一の後は、ほぼ年ごとに変わっており、ここ4年間で、野口→小関→バーンサイド、と来て松本へ。出世番号、という感じではないですが、原は割と背番号にこだわりあるみたいなので、出世番号を増やしてくれ、みたいな思いはあるのかしら。
ぐっと遡ると、三原修が監督時代につけていたり。
個人的には、松本よりもむしろ、一気に小さくなった木村正太の「15」が印象的。
このぐらいの立ち位置の投手が、なかなか主力として出てこない、というのはここ数年以上の巨人の課題の一つなので(やっと東野が一人だちしそうですが)、その払拭の為にも、木村には期待しております。
番号としては最近見ないと思ったら、辻内が付けていたのですね。辻内も手術を経て、そろそろ勝負の年。この辺りのピッチャーがみんな出てくると、ホント一気に投手陣の厚みも増すのですが。