はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

OBの口が多すぎる


OB会の終了後、ソファに座った広岡氏は報道陣に口を開いた。V9など数々の栄光を知る男が、常勝軍団復活への提言をささげた。最も主張したのは、前GMの清武氏のもとで発表されたコーチ人事に関してだ。「まったく違った所から2人取った。OBとしては恥ずかしい」と嘆いた。
(中略)
「昔は巨人の連中が野球とはこうだ、と教えるのが定番だった。何かが原因でぬるま湯となり、よそから教えてもらうというのはおかしい」とさびしげ。さらに「今のコーチがダメなんじゃない。勉強すれば立派なコーチになる」
〔巨人OB広岡氏、生え抜きコーチ育成提言/デイリースポーツ〕
野球の項目で扱いたくないレベルで、そういう貴方が恥ずかしい、というコメント。
まず発言の内容自体が失礼で恥ずかしいし、そもそも巨人と袂を分かってヤクルト・西武で功績をあげた自らの経歴は棚のどこにあげたのか(余所から巨人へ呼ぶのは恥ずかしいけど、巨人から余所へ行くのはいいんだ、とか本気で思っていそうですが、広岡ですし)、更にむしろ清武体制下では生え抜きコーチにこだわる流れであったという歴史的事実を無視しているのも恥ずかしい。
どちらかといえば清武構想は生え抜きコーチの育成と、将来的な他球団への輸出にあり、指導者の巨人ブランドを作ろうとしていたと見るべきであり、それが上手く行かなかったからというのが現実なわけですが、大きな顔してここまで言うからには、是非とも斉藤投手コーチさんを一人前にしていただけるよう、伏してお願いしたい。広島の生え抜き大投手コーチさんも教育してあげると喜ばれるかと思います。
後ついでに言うと、某監督の時代に生え抜きコーチに成り得る人材を蔑ろにしてきた事が自前コーチの人材不足に繋がったりしているわけですが、広岡はこの論旨で長嶋批判でも展開すればまだ、面白いのに。

「想定外ではあります。やっぱり勝てば、こういうことは表面に出ない。われわれの仕事は勝つことなんだ、もう勝つしかないんだ、ということを、みんなで改めて認識して頑張っていけばいい」
〔王さん、巨人内紛初めて語った「想定外」/sanspo.com〕
ただのOBとしてはありだろうけど、他球団で役職持っている人間(ソフトバンク球団会長)としては度が過ぎるコメント。王も結局、こういう時に口を閉じていられないんだよなぁ。
おまけ。

「関西出身で阪神にドラフトで入って、小さいころから巨人は敵だという教育を受けてきた」
〔元阪神の中谷が巨人入団、背番号「58」/デイリースポーツ〕
誰だ、誰に教育を受けたんだ中谷!!(笑)
〔石井義「西武を見返す」&中谷「すべりました」 /スポニチアネックス〕