はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

好きなゲーム音楽を振り返ってみる1:薔薇と戦場

最近ゲームサントラづいているので、懐かしくなって、ファミコンで思い入れのある楽曲とか探していたら、こんなプレイ動画に行き当たりました。

小学生の頃、さっぱり意味不明だった『ダウボーイ』(1985)が3分少々でクリアされる衝撃動画。
ちなみに、右端のミサイルは味方です。
2コンで操れます。
協力プレイというよりは、1プレイヤーの抹殺に使われる事の方が多かったですが。
友人宅で何故か延々とやっていたというのもあるのですが、音楽が格好良くて思い出深い1本。
後に大人になってから、南北戦争時代の行進曲「ジョニーが凱旋する時」が原曲と知りました。
原曲↓

しかし『ダウボーイ』というと、イコールこの曲のイメージしか無かったのですが、実際に使われているのは2面だけだそうで、とりあえず当時2面までは行っていたという事実にビックリしてみる。にっちもさっちも行かなかった記憶しか無いのですが。
たぶん、2面で延々と死んでいたっぽい(笑)
世代的にはFCに相当脳髄をやられているので、この当時のアクションゲームの音楽などは未だに結構好き。
ざっと思いつく所で、『アトランチスの謎』(1986)『ソロモンの鍵』(1986)『忍者ハットリくん』(1986)その他諸々、それから愛してやまない『戦場の狼』(1985-86)。
戦場の狼』、超名曲。

あと忘れられない1曲といえば、忍者ゲーだった筈なのに、姫を助けた後にいきなりエレキが走る『影の伝説』(1985)。
今回、ついでなので発売年を調べて併記してみたのですが、ものの見事に刷り込まれた時期がわかるなぁ(笑)
ファミコンの発売が1983年7月で、すぎやまこういち降臨の『ドラゴンクエスト』が約3年後の1986年5月。丁度この辺りが、徐々にオリジナルの音楽が充実してFC音楽の厚みが増していく頃か。
バロックからクラシック音楽に入った人なので、歴代<ドラクエ>シリーズでは、城の音楽が好きだったり。
しかし今更ながら改めて、

という発売スケジュールは、今とは時代が違うといえ、ちょっと変態チック。
ドラゴンクエスト3』はゲームはもとより、楽曲も不朽の名作と言って差し支えないと思うのですが、88年発表というのは本当に驚かされる。それを別格として、この当時の曲で特に印象深かったものといえば、これ。

ファイナルファンタジー2』(1988)より、「のばら」。(※アレンジ版しか見つからず)
今でも凄く好き。
世界観に影響を受けた1曲。
FCのゲームで好きな音楽を一つ挙げろ、と言われたら、物凄く悩みますが、最終的にはこれになるかなぁ……これと、『ドラゴンクエスト3』の「ほこら」で悩みそう。「ほこら」好きなんです、「ほこら」。
90年代にすら辿り着かなかったので、たぶん、次回に続く。