はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

日本代表vsウズベキスタン代表

始まる前の勝手なイメージは“でかくて固い”だったのが、蓋を開けてみたら“でかくて速い”だったウズベキスタン
左サイドがすっ飛んでくるのが特に目立ちましたが、DFのルーズボールの処理も速いし、スピード感のあるチームでした。
序盤の失点はミドルシュートからでしたが、サイドを徹底的に攻められたら、もう少し失点が増えたような感はあります。中盤もミドルを多用してくれて助かったような。
とはいえ日本の攻撃もいい所までは攻めており、1−1というよりは、3−3ぐらいの打撃戦になりそうな試合でした。DFが頑張った……というよりも、お互いあと一枚、歯車が噛み合わなかった感じ。