はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

富野由悠季、シナリオについて

去年からちょこちょこ読んでいる『映像の原則<改訂版>』(富野由悠季)より、

映像の原則 改訂版 (キネマ旬報ムック)

映像の原則 改訂版 (キネマ旬報ムック)


第6章――コンテ主義
●演出家としてシナリオに気をつけること


◇ストーリーがまとまらず、時間切れで原稿を制作部に手渡さなければならない場合、ラスト・シーンに、その物語に出てきたキャラクターを全員集合させるとまとまります。


これが究極的な秘訣です。バカにしていいですよ?
役に立つ事も色々と列挙した上で、オチの自虐ネタなのですが、なんだか、物凄く納得。
確かに困った場合、全員出すと、何となくまとまる。