はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

投手の力、捕手の力

〔セ・リーグ予告先発導入で求められる客を呼べる投手の出現/スポルティーバ〕
タイトルから、ざっくりしたセリーグ批判かと思いきや、パリーグにおいて“客を呼べる投手”と思われている選手のデータを検証し、その上で予告先発のメリット・デメリットに触れた、良記事。
山田久志のコメントも、前向きかつ内容があるもので、的確。


当然、これまで以上に先発投手に対する相手チームの研究はシビアになる。そこで今度は、「わかっているからこその騙し合いが始まる」と山田氏は言う。
「データを逆手に取って相手バッターをどれだけ『アレッ』と思わせられるか、キャッチャーの力量がこれまで以上に問われることになるんじゃないかな。」
また冒頭に触れている

長いプロ野球の歴史の中で、セ・パ合わせると最も観客が入っている時期でありながら、いま球界が抱える課題は選手の年俸高騰などで収支のバランスが取れなくなってきている点にある。
これは、とても大事なところ。