はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

恒例の終わってからWikipedia

ウインスペクター』平均視聴率12.8%、最高視聴率16.7%は、『機動刑事ジバン』途中に日曜朝8:00スタートの時間に移ってからの東映ヒーロー枠では、2011年時点でも最高記録との事。
メタルヒーローシリーズでも歴代3位で『宇宙刑事ギャバン』『宇宙刑事シャリバン』に次ぎ、数字の上でもシリーズのターニングポイントになったのはむべなるかな。御時世考えると、今後抜かれる事は無さそうな気もします。
そして当時のキャラ設定だと思うのですが、香川竜馬の説明のところに
5ヶ国語を操れる秀才
だそうですよ!!
本編では一回も活かされなかったスキルですが、肉体能力と現場での推理能力のみならず、そんな無駄に、言語スキルも高かったのか!
どこまでも完璧超人だなぁ。
竜馬さんは、たまーにナチュラルに上から目線なのが玉に瑕ですが、完璧超人なのに嫌味成分が極めて薄い、という点でも面白いキャラだったと思います。この人、スペックだけ並べると、どちらかというと(悪の)ライバルキャラだ(笑)
クラステクターを装着可能な人材、という部分がクローズアップされすぎて、ある意味では警視庁は、人材の物凄い無駄遣いをしているのかもしれない。
竜馬さんを野に放ったら、小国の一つぐらい自力で征服するのではなかろうか(おぃ)
うーん、来年の正月映画は、特命戦隊ゴーバスターズvs特警ウインスペクターが見たいなぁ。
今の流れなら、いけそうな気がする。
あと、ファイヤーの《高速移動》の時の掛け声は、「スパーク!」らしい。「ワープ!」(と聞こえた)では無かった。