はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『図書館戦争』、実写映画化するのかー

〔岡田准一&榮倉奈々「図書館戦争」実写映画化で初共演/映画.com〕


文芸誌「ダ・ヴィンチ」の読者アンケートで、キャスティング希望1位に選ばれた岡田と榮倉。有川氏によれば、企画段階のイメージキャストの時点で、ふたりの名前しか挙がっていなかったという。佐藤監督も「原作を読んでいても、顔が浮かぶほどイメージがぴったりだと思う」と太鼓判を押すほどだ。
関係者が必要以上に「ぴったり」を強調すると、むしろ大人の事情を勘繰りたくなるわけですが、一番重要なのは身長差だと思うのですけど、その辺りはどうなのか。
ちなみに私の脳内堂上教官をあえて実写化すると、なんというか、柔道選手。