はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

爆発!科学戦隊ダイナマン!!4

第7話、東京近郊に次々と出現し、あっという間に一滴残らずガソリンを奪い尽くすガソリン泥棒……
せ、聖忍法?!
……ではなくて、それはジャシンカ帝国の進化獣、カイメンシンカの仕業であった。体内に濃縮した1万トンのガソリンを蓄えたカイメンシンカは、それを用いて東京火の海作戦を発動する!
今回は、“色々残念”でお馴染み弾北斗の、モトクロスレーサーとしての顔がクローズアップ。……北斗は、自分でバイクの開発もするレーサー、という扱いでいいのでしょうか。
地上と地底を行き来しながら各地に爆破テロを仕掛けるカイメンシンカに苦労するも、本命であるコンビナート爆破の前に、北斗と仲の良い子供の家が経営するガソリンスタンドを襲撃した事から足取りが掴めて……という展開で、Bパートはほぼまるまる戦闘。
ダイナマン』はここまで、戦闘が始まると主題歌が流れだして、2番までフルコーラスに合わせて戦闘シーンを入れて、歌の終わりとともにスーパーダイナマイトで締める、というのを徹底しているのは、今日的な視点で見ると、むしろなかなか凄い。
で、その戦闘パートへの切り替わりとして、水戸黄門の印籠ならぬ「爆発!」が鮮やかに機能している。
……ダイナロボの変形合体バンクは、そろそろ飽きてきましたが(笑)
あと、「ゴールデンスパーク!」って見ればみるほど、ただの目くらましなのか(笑)
今回、珍しくダイナロボが苦戦したかと思ったら適当な内蔵兵器であっさり逆転しました。
第8話、伝説の人喰い花の種を御前に差し出すカー将軍。

王子「人を喰うと云う、伝説の花……」
将軍「四本尻尾のメギド王子、時は春! これを咲かせるのが、貴方の役目ですぞ!」
王様「人喰い花が咲いた時こそ、ジャシンカ帝国の春が来るのだ!」

王子、花の世話を仰せつかる。
人喰い花を咲かせる為に、悪魔の蝶を用いて花の蜜を集めるメギド王子。悪魔の蝶が集めた花の蜜をチョウシンカ経由で与える事で、人喰い花の種子は育つのだ! だが、悪魔の蝶の習性を利用したダイナマンの罠により、集められた蝶は一網打尽にされてしまう。
「メギド、花のエキスさえ集めることができんのか!」
王様に叱られた王子がうなだれる玉座の間に響き渡るのは、どこかで聞いたようなBGM(劇伴担当者、一緒)……
姿を見せるのはジャシンカ帝国の用心棒、じゃなかった、死の幻術使い「だが、地上じゃあ二番目だ」……と誰が言ったか言わないか、露出過多の深紅のハイレグアーマーに身を包んだ女幹部、帝王アトンの姪っ子(妹の娘)にして、メギド王子の従妹にあたる、四本尻尾のキメラ王女!
王女は早速、メギドを「出来の悪い息子」呼ばわりすると、人喰い花を咲かせる方法を知っていると、作戦の指揮権を横取り。
王様も「駄目息子」より「可愛い姪っ子」とあっさりメギド王子の指揮権を剥奪し、更に同じ四本尻尾という事で王女への抗議も空振りした王子のぐぬぬは、リアル横山キャラを思わせる風格。
地上へ赴くと、耕作の知り合いでもある花好きの少女をさらうキメラ王女、その前に立ちはだかるダイナマン
新幹部の前で、思いっきり名乗りながら変身する、ダイナマンの面々。
王子、王子、この間、一生懸命、ダイナマンの正体探ったのに、お、う、じ……(涙)
キメラは不思議な妖術を使い、これまで進化獣を圧倒的に蹂躙してきたダイナマンを翻弄。
そんな戦闘の様子を、テトラポットの陰から親衛隊と一緒にこっそり覗いているメギド。
「小娘めぇ……こしゃくな妖術を使いおって」
キメラはダイナマンの追撃を振り切り、さらった少女を連れて人喰い花の元へ。
「出ていらっしゃいな。男がこっそり隠れているなんて、みっともいい姿ではなくてよ」
ば れ て る よ 王 子
しかもたっぷりの哀れみの視線つきで(涙)
キメラは開花直前の人喰い花に、花の香りをたっぷりと身にまとう少女を近づける事で、その開花をうながす。いよいよ人喰い花の花弁が開き、その中に少女を放り込もうとしたその時、間一髪、ダイナマンが駆けつける!
バイクの体当たりを受けて、すっころんだ親衛隊A、花の中に(笑) 助けようとしたB、一緒に転がり込んで、パックンチョ。
あああああああああぁッ?! 親衛隊が! 親衛隊が!? けっこう好きだったのに親衛隊ィッ?!
親衛隊を飲み込んだ人喰い花は、ダイナマンの攻撃を受けて、爆散。
唐突に名前までついたのに(何と呼んでいるかはいまいち聞き取れず)、王子親衛隊、まさかの事故死。
親衛隊の仇を討たんとダイナレッドと一騎打ちをする王子だったが、キメラの横やりでそのままなし崩し的にフェードアウト。悲惨すぎる(涙)
妖術でダイナマンを苦しめるキメラだったが、ダイナロッドの閃光を受けて撤退。チョウシンカは、「超進化獣・チョウシンカーーー!!」という一発ネタを繰り出したものの、時間の都合でダイナロボにあっさり両断されて殉職。ここに伝説の人喰い花によって人間どもを滅亡させようというジャシンカ帝国の企ては失敗に終わったのであった。
……食べたの身内だけですよ、人喰い花。
なお今回、ダイナブラックがブラックバトルテクターという強化装甲を突然装着して戦闘。第二の個人装備で、戦闘での贔屓度がますます上がりました。青もサーフィンカー持っているけど、使用時のポーズが間抜けな為、あまり、贔屓に見えない……(おぃ)
何はなくとも、親衛隊のリタイアが残念です。
好きだったのになぁ、親衛隊(笑)
新幹部の登場でますます立場のない王子ですが、王子はむしろ、立場がないほど面白い(酷い)。
にしても、帝王アトンの妹とか、妹の夫とか居るのかと思うと、気になって仕方がありません。