はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『クロスボーン・ガンダムゴースト』4巻!

“幽霊”の名をもつ機械よ…… もし消えゆく人の痛みと悲しみが ほんのひとかけらでもわかるなら 力を貸せっ!

ザンスカールによる非道なギロチン執行の時が迫り、絶体絶命の状況に追い込まれるフォント・ボー。果たして、謎のMS・ファントムが再起動する時間を手に入れる事が出来るのか?!
前巻で登場したファントム、満を持して大暴れ編。
今作は主人公のモノローグを多用して、アクションに至るまでの流れ、“爆発の手前”、を描く事に力を入れているのですが、前巻の流れを受け、非常に熱い展開。
話運びから、MSファントムの能力/アクションから、もう完全に長谷川節なのですが、今作、『Vガンダム演義の世界観と長谷川節が、改めて非常にはまっています。
原典『クロスボーン・ガンダム』をそれとなくなぞりつつ、新しい物語を展開していく、話運びの巧みさは実に見事。
『鋼鉄の七人』は原典『クロスボーン・ガンダム』に近すぎた為に、悪い形で上滑りしてしまい、結果的に蛇足めいた展開となってしまったのですが、今作は時間をジャンプする事により、原典から適度に遠ざかった所で長谷川節+『Vガン』世界が上手い具合に絡み、パスティーシュの達人としての長谷川裕一の本領が活き活きと発揮されています。……て、毎回これ同じような事を書いている気がしてきましたが、とにかく、そこがいい!
……まあほら、長谷川裕一長谷川裕一なので、アクション面の作画を誉めるとか、どうしてもそうはならないので(笑)
“見せる”カットとかは、経験の蓄積もあってツボはきちっと押さえてくるので、ファントムの見せ場は充分に格好いいですが(MSとしてはだいぶ無茶ですけど)。
前回、美形キャラであった事が判明したジャックさんはますます面白いキャラになり、物語の先行きはますます楽しみ。
次巻も期待です。