はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『獣電戦隊キョウリュウジャー』感想27

脱いでみた。
DVD発売記念で。

竜星涼 1st DVD

竜星涼 1st DVD

しかし最近、天火星・亮さんの凄いの見てしまったので、もう一押し欲しかった(何が)。
餃子職人は本当に凄かった。
劇場版進行が終了し、坂本監督TVシリーズ復帰に合わせて、みんな頑張ってみた→そしてカーニバル、と、毎度の凝縮した作りながら、アクションてんこもりで見所満載。前回よりスムーズに入ったイアン押し、ウッチー第二の変身など小ネタも効き、あらためて獣電竜との絆を考えて物語に取り込んだのも良く、後半戦の開幕を飾る秀逸な回となりました。
初期は忙しすぎた坂本監督ですが、ドラマとアクションのバランスが落ち着いてきて、今回は良かった。
率直に言って、随所に『爆竜戦隊アバレンジャー』の失敗を踏まえて改善している要素の見られる今作ですが、カーニバルは今のところアバレマックス(レッドだけがパワーアップ)の流れになっていますが、今後どうなるのか。マックスは正直失敗だったので他のメンバーもパワーアップしそうな気もしますが、変身システム上、全員分の追加玩具を出すのか出さないのか、という所が焦点か(笑)
ただこの作品で、これ以上キング無双を進めてもなぁ……と思うので、上手く調整してほしい所。
本編以外の見所は、OPのマイナーチェンジ。
祝・ぽっちゃり差別されず。
そして、
鉄砕に髪が生えた!!!
危うく、これが全て持って行く所でした。
次回、トリンさん、声優にはまる。