はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

楽しくもあり寂しくもある最終章

◆nononoさん
 >当時、39,40話は間に駅伝があって侑斗消滅のまま1週休みという鬼畜な所業をやってくれました(絶対わざとだ!)
それはひどい(笑)
電王は2話セットで見て納得、という構成が強いので、間で空くと辛いですよね(^^;
 >消滅のインパクトがありすぎて目立ちませんがリュウタがカイに向かって「良太郎に近づかないでよ!」と言う所がお気に入り。
リュウタロスが前回の逆をやる、というのはいい所でしたね〜。
◆kanataさん
 >飛び先の方が先に指定されてて、条件に合うゲートを見繕ってたわけですか。
イマジンが契約者を見繕う基準にちゃんと理由がある事が判明し、結果、けっこう地道に大変な作業をしていた……と(笑)
まあ大変なのはこの場合、時間探して指定するカイかもしれませんが。
 >カードは補充できることがあっさり示されてしまいましたが、もうカード無関係にほぼ限界まで追い詰められてしまってるような。
ストック出してきた割には、思い出足りてないよ桜井さん! という。
桜井さんも多分、あんまり友達居なかったタイプっぽいですし……(おぃ)
ここからどう転がしてくるかは、非常に楽しみですね〜。
 >でもってデネブの異様なオカン体質は、ゼロノスの特殊な性質、およびカイのちょっかいも影響してたっぽいですね。
一通りの発言を見ると、少なくとも一回は、過去侑斗消滅の状況を経験しているっぽいですよね。
なんだかんだでしかし、デネブのメンタルも太い。
 >最後がありきたりすぎるハッピーエンドで、微妙にケチがついたかなと思ってましたが、これなら納得というか。
なんか劇中で、復讐をやめればルーゴくんはただのいい人、みたいな扱いになっていましたが、まあ、そんな事ないでしょうし(^^;
 >……ガンマンなのに、ジャンパーソンの数ある技能の一つと同スペックでしかないガンギブソン……。
ガンマンロボットという初期プログラムにこだわっているだけで、実はガンギブソンも普通に殴り合った方が強いのではないかという(笑) 少なくとも素手の勝負なら、ラスボスと張り合えるので。