はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

2013年を振り返る:読書編

今年も、『シアター!』(有川浩)3巻が出なかった。
他に何か言う事があるだろうか。
何も、ない(虚ろな目)。
そんなわけで今年のベスト1は
『わたしたちが少女と呼ばれていた頃』(石持浅海

徹頭徹尾、碓氷優佳ファン向けですが、私、大ファンなので、なんの問題もありません(笑)
何度か書いてますが、阿鼻叫喚の夫婦探偵ものが長編で読みたいです。
今年はちょっと読書量が少なかったので、来年はも少し本を読みたい。
ああ来年は、『シアター!』(有川浩)3巻が出るといいなぁ。
出るといいなぁ。
出るといいなぁ。
他に何か書く事があるだろうか。
何も、ない(虚ろな目)。