はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

さよなら今井詔二、演出殺しの『仮面ライダーブレイド』悶絶台詞集

仮面ライダーブレイド』28話をもって今井詔二が降板という事で、今井脚本回から選りすぐりの台詞を集めてみました。半分以上の台詞が、つい数日前に初対面の相手に向かって言っている、と思って噛みしめていただけると絶望感が増します。

  • 「なあ、聞いてもいいか? おまえ、今まで人に裏切られた事、何回ぐらいある?」
  • 「でも憎めないんだよね――こうして同級生を尋ねてくれる。君が安心して眠れるのが、ここだけっていうのが、 ちょっと嬉しいんだよね」
  • 「人を守ろうとする愛……その時ヤツの力は全開する、か」
  • 「俺の気持ちをどう思う!」
  • 「じゃあ解決のしようがないだろ! あんまり安請け合いするなよ! 気休めにもならない!」
  • 「俺も本当は夢を持っていたんだ……剣崎のように」
  • 「俺……不器用でさ。あんまりうまく、友達作ってこれなかった。でも、虎太郎は心配してくれる」
  • 「じゃあ言うぞ! 天音ちゃんにおまえがライダーだって! そして何度も俺と戦っていると!」
  • 「でもな、おまえの言葉に打たれたわけじゃないから。誤解するなよ」
  • 「あいつは怒りを力にする」
  • 「これがバトルファイトだよ、一万年前の再現だ!」
  • 「俺は今、むしょうに腹が立っている! あんたに裏切られた気分だ!」
  • 「みんな、居なくなっちゃうんだね……広瀬さんは、居てくれるよね?」
  • 「なんだか……普通の生き方がしたくなった。それだけさ」
  • 「ストップ! 人間を守る、わかってるって」
  • 「私は……道ばたの花みたいにひっそりでいい。そんな風に生きていきたいの、あなたと」
  • 「俺と? ………………ごめん、生き方が違ってしまったんだ。君とはもう一緒に生きられない」
  • 「ありがとう、いい奴だなおまえ」
  • 「小夜子、君との思い出は、数えるほどしかないが……」
  • 「さよこーーーーー!!」
  • 「わかった……。俺の体を動かすのは、義務とか使命なんかじゃない。そこに居る人を守りたいという、思い。そうだ、 人を愛してるから、俺は戦っているんだ」


本格的に脳にダメージを受けた会話はそもそも心の平穏の為にメモっていないので、序盤の剣崎と虎太郎の会話、橘×小夜子のアレなやり取り、面倒くさい睦月の大半、などは省かれています。
白眉はやはり、今井台詞にしては簡潔にまとまった上で攻撃力の高い、
「俺の気持ちをどう思う!」
(剣崎一真
でしょうか。
あと今作の衝撃のプロローグという観点で、
「なあ、聞いてもいいか? おまえ、今まで人に裏切られた事、何回ぐらいある?」
(剣崎一真
も印象的。
カテゴリーちょっと変わりますが、現時点で最高の名台詞としては、
「ライダーシステムに不備はない」
(烏丸所長)
で(笑)