はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

タッチタッチここにタッチ

◆kanataさん
 >ジバンの設定は11話まで引っ張ったというよりも、11話でようやく固まった(固めた?)というのが正解なのでしょうね。やっぱり(−−;
「色々しっかり固まっていないけど、とりあえず始まってしまった」という、『ジャンパーソン』と同じ匂いをどうも感じます(笑)
 >神経断裂弾の類くらい、いい加減に開発配備したってくださいと。本作の場合、ジバンの開発元だって警察なんですから!
その辺りも、今作のちょっと悩ましい所ですね(^^; ジバンのヒーロー性を脅かしてはいけないけれど、公権力側がバックアップしているならもう少し何とか……という。まあ、五十嵐博士が飛び抜けて 狂っていた 優秀だった、という事なのでしょうが。
 >ただし、次回予告のあの恐ろしい絵で、何もかも全て持っていかれましたが……(汗)
愛……。
◆toroneiさん
堀江由衣は、脇役もきっちりこなして巧いですねー……ただ、賑やかし要員役なので、あまり出番は無いです(^^; ……どちらかというと、2010年代に日高のり子が真っ向からヒロインやっている事の方がポイントな気がしますので、是非早起きを(笑)