はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

日本シリーズたけなわですが

〔阿部、4番一塁で自身初「全試合出場」誓った/スポーツ報知〕
来季に向けて、大きな一歩。
数年前から示唆が出ていた話ではありますが、遂に来たか、と。
「(4番)ファースト阿部」と「下位打線でキャッチャー阿部」という2択があったと思うのですが、シンプルに、キャッチャーがもう相当厳しいのだろうなぁ……。
小林が期待できそう、というのは一押しになったでしょうが、来季は腹をくくって、小林−實松を基本とした体制で進めてほしい。一番よろしくないのは、困ったので阿部をキャッチャーに戻す、という便利使いをやってしまう事ですが(緊急処置としては有りだと思いますが)、原は過去にそういった便利使いの前例(山口とか亀井とか)はあるので、そこがちょっと心配です。
チームのグランドデザインとしては、徐々に長野と坂本を中心にした体制に移行したい、というのがここ数年あったと思うのですが、恐らく、原の想定した以上に阿部の存在感がチームの中で強く、「4番ファースト阿部」というのは、阿部の存在感を減らすのではなく、維持したままチームの世代交代を考えていく、という方針をハッキリ決めたのだろうな、とも。
今年の内にズバッと決めたのは良かったと思うので、一つ、選手にもチームにも大きな転機として、来季に新たな期待をしたい。
〔小林、阿部後継「目指す」学んだ気配り「しっかりと」/〃〕
キャッチャーは、覚悟決めて実戦出すしかないので、首脳陣の腹のくくり方に期待したい。
後これで、第三捕手として鬼屋敷などに上でやるチャンスも増えるだろうし、その辺りも、楽しみ。
〔オリックス 東野、八木に戦力外通告 園部らは育成契約へ/スポニチアネックス〕
東野がとうとう、戦力外通告
もう、ロッテに行って、小谷コーチに見てもらうしかないと思うのですが、ロッテは拾って1年チャンスをあげてはくれないものか。
〔ヤクルト 新任3コーチが契約、成本氏「個々の選手にヒントを」/〃〕
スカウトを経て、斉藤宜之がとうとうコーチに。現役時代、好きな選手だったので、成功してほしい。
〔ヤクルトのプリンス川端 3歳年上タレント水野今日香と結婚/〃〕
姉さん女房で大活躍パターンでした。
食事のみならず、その日のプレーをまとめて編集した映像を作ってくれている、とか色々素晴らしい。