はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

タフマン飲めば大丈V

〔ヤクルトファンの“切実な疑問”を江夏豊が小川淳司・前監督に直撃! 「スワローズはなぜあんなにケガ人が多いんだ?(前編)/週プレニュース〕
〔〃(後編)〕
前編は見出し詐欺なのですが、江夏豊と小川前監督の語る、野村克也話が面白いので、一読の価値あり。
そしてヤクルトファンどころか、全野球ファンが気になる核心に迫る後編。


小川「今はトレーナーの人も、割とすぐ病院に連れていきますね。そうすると、昔だったら「軽い捻挫」くらいにしか言われなかったものが、今は「靱帯損傷」であるとか、たいてい診断名がつきます。」
小川さんは退団するわけではなくフロント入りなので、球団の体制批判的な発言は当然出てこないわけですが、そうか、ヤクルト名物・そもそも病院へ行かない、は、診断名つけられるのが嫌だったのか……!

小川「保存療法で治れば、それが一番いいと思うんです。手術はあくまで最終手段だと。」
それはそれで一つの考え方でしょうが、治療中の選手のケアが出来ていない所が問題なのでは……。
基本的には、コンディショニングトレーナーやケア施設の部分にお金かけてないのだろうと思っていたのですが、チーム全体に漂う雰囲気が、ヤクルト、怖すぎる。
近年のチームリーダーだった宮本も、「骨折? 何それおいしいの?」的な感じで試合出場したりしていたので、体質的な問題がそうとう根深そう。
〔巨人・原監督が五輪代表監督に浮上!侍ジャパン再指揮へ前向き/sanspo.com〕
これと言って裏付けのない、そんな事もあるかもねという記事ですが、まあ確かに、6年後ならさすがに体が空いているか。
まあ、一度辞めた後、再登板している可能性も否定できないけど(^^;
色々政治力学が働くのであれですが、五輪復活するなら確かに、順当なら原か秋山かみたいな話にはなるのかもなぁ。
〔【ロッテ】古谷、京大・田中と「インテリ部」結成/スポーツ報知〕
古谷は少し、寂しかった。チーム内で宇宙や歴史の話をしたくても、興味のある人が見つからない。
記事ノリノリですが、むしろ、戦争の予感。
〔「平井正史を大エースにできなかった」山田久志の悔恨/webSportiva〕
10万円の入った封筒渡して「これで新地にでも行って飲んで来い」とか、リリーフ起用によって生じた摩擦とか、実に、仰木×山田らしいエピソード満載。
〔「ぶらんこブランコ」もオリックス移籍!?/日刊スポーツ〕
そういえば、そんなものが、あった。