はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

復讐という果実は甘い

◆タイキさん
 >私一回も竜が万能戦士に見えたことないんですよね。典型的な「二枚舌」「他人を説教するためなら自分棚上げ」
 >タイプの体育会系の悪いとこを集めたようなタイプですから。
まあ竜のキモは、「万能戦士を必死に装っている」「自分で自分の言葉を信じ込んでいる事」なので(笑)
 >どうして「ジェットマン」って組織規模は大きい筈なのに誰も整備員の姿が見えないんでしょうか?
無理矢理考えると、恐らく第1話でアースシップが破壊された後、バイラムはついでに劇中で描かれていない所で世界各地のスカイフォースを壊滅させている、という感じでしょうか。で、現在残っている戦力がスカイキャンプのみで、本気で人が居ないのだと思います(笑)
 >メガレンジャーってレッドだけじゃなく戦闘能力は全体的に低めですよね。
そもそも宇宙開発用のスーツに戦闘プログラム乗せて、素人の高校生を戦わせている戦隊なので、その辺りは意図的なのでしょうねー。なし崩しに同列にならずに、追加戦士が最後まできっちり最強、というのもそういう事かなーと。