はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『手裏剣戦隊ニンニンジャー』感想3

◆忍びの3「強敵、蛾眉あらわる!」◆ (監督:加藤弘之 脚本:下山健人)
うーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん、「テキストばかりに頼って頭でっかちは駄目」というのは良いと思うのですが、「傾向と対策など実戦では無意味」というのは大間違いだと思います(^^;
立てようよ、傾向と対策!
特に青、現役の魔法学校生(留年確定)の筈なのに、予習とか復習とかしないのか?! ……天才系だから、しないのかもしれませんが。
加えて、「実戦は資格を取るのとはわけが違うんだ」って、テキストだけ大量に読んで資格を取れていない(本番に弱い)ならともかく、実際に資格を持っているのだから、何かおかしい。ボイラー技士の資格持っているのとボイラーを日常的に動かしているのは確かに違うかもしれませんが、前提となる知識が有るか無いかもだいぶ違うと思うのですが。
……もしかして魔法学校って、「魔法とは筋肉!」とか叫びながら、ひたすら組み手を繰り返して肉体言語で血と汗と筋肉に魔法を染みこませて覚える、実戦流派なのでしょうか。
そんなこんなで、赤がこれといって突っかからないのに、青が突っかかりまくる為に、前回の今回で青が上から目線で他人の努力を罵倒する凄く嫌な自信家になってしまいました(^^; 目上のライバルを追いかけている最中なので、まず手始めに、目下のライバルを先に蹴落としに行った感じが強い。
で、せっかく資格マニアという設定にしたのだから、最後は大型免許を活かしてトラックを見事に運転して危機を脱出する、とかにすれば、時には考えない大胆さも必要だけど、持ってて良かった資格! みたいになってせめてものバランスが取れたのですが(^^; 青の思想は青の思想として、それと物語上の正解はまた違う、という事が出来ていない。
天晴はなー、
爺ちゃん大好き・ラストニンジャに憧れている・修行の旅に出ていた筈
なのに
忍者としてはかなり低レベル
だけど
忍力が高いので戦闘は強い
と、話が進む程にちぐはぐ。
……もしかして、好天の口にする「忍者」と、天晴の目指す「ニンジャ」って、別のものではなかろうか。
本当は、忍ばないといけないのではないか。
またこれに、長兄属性とガキ大将属性が加わった結果、従弟2人に内心では慕われており自動的にリーダー扱いを受けるが、自由人なのでメンバーを統率する気とか責任感は全くない、という得体の知れない生命体に。
せめて戦闘力もどっこいなら良かったのですが、結局、なんだかんだで天晴は強いという事にするのなら、素直に責任感のある長兄的リーダーで良かったような。
どうも、「燃えてきたーーーーー」でキャラ付けしたいようなのですが、諸々の要素が巧く噛み合っておらず、今のところ、いっそ滑り芸みたいに見えます(^^; ニンジャなのに「燃える」というギャップ狙いありきだとは思いますが、もう少しキャラクターと物語に要素を馴染ませ連動させてほしい。
で、体術・忍術・ステルス技能、それぞれの振れ幅が大きく、総合的なニンジャの強さというのがよくわからないまま、そんな天晴にいきなり力技でダメージを受けた為に、初登場のがびさんまで株が落ちるという負の連鎖。
「ヒーローだから」を理由にして事態を解決するのを否定はしませんが、“未熟なニンジャが忍法を学んでラストニンジャを目指す”というコンセプトに対して、「ヒーローだから」の使い方が、凄く雑。
作品コンセプトに応じた「ヒーローだから」の使い方があるわけで、そこは丁寧に抑えてほしい所です。
妖怪を追いかける時の、赤と黄の水の術の威力の差をさらっと見せていたり、ああいうのは良かったのですけど。折角そういう事もやっているだけに、勿体ない。
……まあ、がびさん、OPのシルエット数見る限り、1クール保つか保たないかぐらいっぽいですけど。
先行き怪しいがびさんは、割れた般若の面の間に顔が覗いている、というデザインで、幹部クラスはお面軍団になるのか。それから、狐面は牙鬼さんの小姓であった事が判明。なるほど、男性名と男っぽい着物デザインで声は女、というのはそういう事かそういう事か。戦国ですから、そういう事か(余計な部分まで納得)。
がびさんが狐を知らなかったのは、伏線になるのかならないのか。
今回の妖怪は、着ぐるみ+ローラーブレードという、無茶ぶり。忍者物という事で生アクションも気合い入っておりますが、ローラーブレードで後ろ滑りしている着ぐるみにダッシュから飛び蹴り、とか、酷い。
今後も生アクションの充実には期待したいです。
年齢によるヒエラルキーをつけつつ、あくまで従兄弟なので兄妹ほどの強制力を持たない、というメンバーの基本設定はうまく用いられており、赤と青が張り合って黄はその後をついていく、という構図も新鮮みがあって面白いので、赤マンセーにしないで巧く転がしてほしいなぁ(^^;
女性陣に関しては、桃は積極的には前に立たず男の子達を生暖かく見守り、白は今のところ薄いけどツッコミかほだしポジション? まあ、桃がこの性格で女子1人だと余裕ありすぎて嫌な感じになりかねないので、むしろ桃の妹分として(桃が自動的に姉ポジションになる)クッション効果を発揮しており、存在意味はあるのですが。
次回はそんな女性陣にキャラ回を回す前に、早くも追加メカ登場。合わせて赤にスポットを当ててくれそうな予告だったので、早いところ赤の好感度が上がる要素が欲しい(一応今回、真っ先に黄色を追いかけたりはしているけど……そして追い越した)。