はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『エンドオブエタニティ』そろそろクライマックス

推察する老人、の正体は戦慄であった。
そしてグラフィックが怖かった。
ランク45の闘技場の敵が、突然LV145でビックリ(パーティ平均は90ぐらい)。
どうしても勝てずに唸っていたのですが、その時、プレイヤーは、防御用補助アイテムの存在を思い出した!
使ったら、勝てました。
消費アイテムの存在を無視したまま力技で突き進もうとするプレイは見直そうと思いました。
まあこのゲーム、戦闘中に回復アイテムや補助アイテムなどを使おうと思うと、それ専用で装備欄を一つ埋めなければならず、二丁拳銃が不能になる為、非常に存在を忘れがちなのです。
ダンジョンからの脱出アイテムもアイテムボックスを装備しないと使えない為、しばしばダンジョンの奥でボスを倒した後に必死に歩いて戻る事になってみたり。
トラップが一杯のゲームです。
プレイ時間は75時間超。
一部サブクエストで若干ありますが、素材集めに延々狩りをする事になる、とかがほぼ無いのは良い所(終盤のカスタマイズ装備は多少狙ってやらないと駄目っぽいのですが、とりあえず無くてもどうにかなる)。
大体やる事やった感があるので、そろそろラストダンジョン?に突入予定。もう一波乱あるかもですが。