はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

小さな星の話をしよう

◆ゆーりさん
 >何というか余裕のない感じが切迫した雰囲気を作ってた気がします
ブレイド』前半は、そこを面白みとして受け止められるか、で結構変わるのかなとは思います。状況に対するリアルといえばリアルなのですが、私はどうしても、剣崎達がすぐに罵り合ったり喧嘩腰になるのが見ていて辛くて(^^;
◆TAPさん
 >「ブレイド」まとめ待ってました!総括と構成分析も頑張ってください!
いやはや、お待たせいたしました(^^; この勢いで総括も頑張りたいです(と言って止まっているジャンパーソン総括をそっと見て閉じる)。
 >改めて見てみると確かに前半から中盤にかけて、かなり退屈というか、つまらなかった時期が長かったですね。
ずっと面白いのが一番なのですが、前半、変にぼちぼちだったら、後半あそこまで劇的に弾けなかっただろうなーとも思うので、何とも難しい作品ですね(^^;
 >「未来、悲しみが終わる場所」はファイズのOPの「悲しみを繰り返し、僕らはどこへ行くのだろう」とつながっている、というネタがあったりします。
おお、全く知りませんでした。『龍騎』−『ファイズ』−『ブレイド』前半戦は、とにかく油断しているとザクザク悲劇が起こりますが、『ブレイド』後半はある程度、その流れに対するカウンターっぽい造りになっているのも、好きな所だったりします。