はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

かぞく割

◆wayさん
 >明らかに要素過多のキメラ化が進行していて、何がしたい(させたい)のかますますわからないことになってきましたね。
キンジを見ていると、何故こういう事をやらないのか、やるとどうして駄目になるのか、が手に取るようにわかって、ある意味、参考になります(^^;
 >そして「家族」という言葉が飛び出すなり、天晴不思議ワールドに飲み込まれてしまうキンジ(^^;
キンジの過去に繋げるのはいいのですけど、繋げた要素がニンニンのこれまでと噛み合ってないので凄い空中分解しましたね……。
 >いざ天晴が到着すると協力プレイとか抜き(武器は提供したけど)の一騎打ちですからね。
結局そうなんだ、という(^^; 八雲が武器を貸すのは悪くなかったのですが、悪くなかっただけに、バランスの悪さがまた目立ってしまいましたね。悪い意味で役割分担が固定しすぎというか。
 >どう考えても、あの面々で天晴のことを一番待っていたのは雷蔵です(^^;
あははははは(笑) それは、確かに!!
 >本当に最後の最後まで、どういう役目を与えたかったのかわかりませんでしたね……。
蛾眉さんのああいうキャラ付け自体は嫌いではないんですけどねぇ……それだけに、ろくに役に立たないままリタイアしたのが何とも(^^;
 >この作品の設定の出し方・説明って「とりあえず転がしといて、話をまたいだ適当なところで余裕があったらとりあえず拾う」
 >みたいになっていて、単純に見ていて面白くないですよねー(^^;
そうなんですよね(^^; 実際にどうかはさておき、もう少し大事そうに見せてくれれば、こちらもそれを拾って広げて楽しめるのですが、あまりにもどうでも良さそうに説明されるので、白けてしまうという。今作の八方破れの「アホだなぁ……」という感じが、面白みに繋がってこないんですよね。
◆タイキさん
 >よくよく考えてみたら具体的な悪事を働いて被害を及ぼしたの今回だけなんですよね。
蛾眉さんって本来もっと、悪くて凄く強いヤツ! というのを先に見せないといけなかったと思うのですが、あまりに天晴を中心にしすぎて、“天晴に匹敵する強さの持ち主”にしかなっていないんですよね……(^^;
 >コミカルに見せてるけど実はやってることは下衆な足の引っ張り合いという…正義の味方がやることとは到底思えません。
もう少し、日常パートで親戚同士のほのぼのとしたやり取りとかあればいいんですが、そういうの全然無いですしね……。
 >正にマジレッドやキョウリュウレッドとほぼ同じ「無条件かつ無根拠な赤マンセー」という流れになってて凄く気持ち悪いです。
これがよろしくないのは、確かにわかりやすいのだけど、「正義は勝つから偉いんだ」になってしまう事ですよね(^^; 先の『ジェットマン』の逆で、強いから正義、になってしまうという。
 >コックピットが赤だけ神輿みたいなのってもしかしてこれを物理的に意味してたのかもしれませんね。
ネタ的な仕込みの一貫ではあったのでしょうが、まさここまでそれ一色になるとは思いませんでした……(^^;
 >一番やってはいけない「家族」という設定の使い方してる気がします。
積み重ねが無いのに、綺麗な部分だけ拾ってしまいましたよね(^^; あと、従兄弟戦隊、という距離感は今作の特色として面白いなと思っていたので、その部分がほぼ吹っ飛ばされる形でまとめられてしまったのも残念です。
◆さやまきさん
 >蛾眉さんのメンタリティは明らかに武士道で
蛾眉さんはもうちょっと早めにこの辺りを出してくれれば、ただの戦闘狂ではない広がりが出てくれて嬉しかったのですが。こういうキャラ自体は嫌いではないので、もう一声、欲しかったです。
 >蛾眉のついでに相手してやるから付いて来いってくだりが
あれは、良くも悪くも天晴らしくて良かったですね(笑) 相手を悪意に捉えはしないけど、話し合いより殴り合いで解決する方が手っ取り早くて好き、みたいな(笑)
 >どうも今年のニチアサ枠はどれも[家族]がキーワードで共通してるように思えますね
確かにこれだけ被ってくると、大きなオーダーが出ているのかもですねー。