はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

スカイ剣!

◆wayさん
 >博士と一緒に逃げて遭遇した月村圭から「何があったんですか」と聞かれて「見ればわかるでしょ!」って流れとか
非日常の世界に足を踏み入れていると、一般常識を失ってしまうという哀しさですね……。
 >OPで「知恵と力と勇気」と三人の属性分け明確にしてる割に全員似たような顔立ちの体育会系で、本当にそんな属性分けされるのか(^^;
何か流行りでもあったのか、ちょっとビックリするほどみんな体育会系ですよね(笑) リアルといえばリアルですが。
 >アクマイザー関係ない星の宿命とかでも成立しますからね、この話。
博士は「瞳に宿命の星が!」とか言っていたのに、いきなり胸オープンとか、色々と謎が多い導入ですよね……(笑) ズシーンとバシャーンのぞんざいな扱いといい、いったいぜんたいどういう企画経緯でどうして続編扱いになったのか……(^^; OPで前作のタイトルが片隅に放り投げられるのも、いい演出なのか、もの悲しいのか悩みます。
 >倒されたアクマイザーがその後の劇場版で超神に転生しライダーの味方になるという案を坂本浩一監督が考えていたそうで。
おお、マニアックですがなかなか熱い展開ですけど、マニアックなので没になったのでしょうか……(^^;
 >ビビューンの現代風リメイクデザインも見てみたかったので、没になったのが惜しいです。
超神は、今風にするとどれも格好良くなりそうなデザインですよねー。それだけに話の雑さが勿体ない……。
 >これ主人公の技じゃなくて、追い詰められた敵が捨て身で繰り出す最後の技で、主人公に回避されるのがお約束のタイプですよね(笑)
まさに(笑) あの儀式のせいで、ちょっと「アクマ」分が入っているのではないかという……。
◆wander_sheepさん
 >ダンジョン飯は、秀逸なワンアイディアでぐいぐい押していくタイプの作品かなと想像していたのですが、冒険物としての面白さも持っているのですね!
作者の以前の作品は知らず話題に乗って買ってみたのですが、予想外に面白かったです。ネタの組み合わせ方が丁寧というか、良質のファンタジーとして楽しめる作品だと思います。
 >この2点に特に興味をひかれてしまいました。今度買ってこようと思います!
主人公の要所でのキレっぷりが、凄く、素晴らしいです(笑)