はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

リボルバー

◆西家さん
 >本編の方でも微妙にネタキャラ臭が漂っていたのでこの扱いも仕方なしかなぁと思っています(笑)
一昔前の格ゲーって、EDで急にギャグになるキャラが何人か入っていましたけど、デミトリは半分ネタ寄り……みたいな感じですよね(笑)
 >実写的な画作りや間の取り方が特徴的な人なので、本作でも動きの少ない室内劇でいかに場を持たせるかという点で巧くそれが活かされているように思えました。
変に幻想的やサイケデリックに演出されると嫌だなぁと思っていたのですが、かなり手堅く丁寧にやってきてくれた所が、好印象でした。
◆橘まことさん
 >こちらの感想を読んでふと閃いたのですが、あれってもしかしたら回る手裏剣をイメージしているのではないでしょうか。
あああ、なるほど、必殺技含めて回転する手裏剣で繋げている、とするとなんか納得ですね。
 >誰かが点数を稼ぐとその分割りを食うキャラが必ず存在して、結局プラマイゼロ近くになってしまうんですよねえ。
必ずといっていいほど何枚か歯車が抜け落ちていて、全部が噛み合いきらないんですよね。構成云々を別にして、各エピソードの出来において下山さんはメインライターとしては少々力量不足が目立ってしまうなぁ、というのが正直(^^;
 >天晴は「目の前に飛び込む」という方向性を示す役だけでも十分立っていたと思いますし。
天晴が方向性を示す→メンバーの誰かが具体化、とかもう1プロセス増やすだけで、だいぶ変わりますものねー。その辺り、どうにもはまりきらなくて勿体ない。