はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

勇気だけが友達さ

◆久仁彦さん
 >ジェノスが身の上話をダーッと話すシーンなんかは声優さんも大変だったと思う。
あの辺り、キャラクターの絡ませ方などは面白かったので、もう少しヒーローが増えてくるのを楽しみにしたいです。
 >ぐりぐり動いてくれるのはいいけどグロが無闇にパワーアップしてるのはサービス精神でしょうか。
人体破壊描写はまだしも、妙に血だまりを強調したりするのが、若干やりすぎに感じるのですよねー(^^;
 >それにしても沢城みゆきだの石塚運昇だのゲスト声優がえらく豪華。
あのクラスの声優さんだと、やられキャラでも台詞回しでどんどん面白くしてくれますね。モスキート娘戦は特に面白かったです。
◆橘まことさん
 >村田さんの描くリメイク版はパンチ1発でもコマ送りレベルで描いて、かつ描きこみが半端ないんです。
成る程、ただ、凄い敵よりも遙かに凄い、というよりも、結果と過程の描写バランスをオーバーに崩す事で面白みを生んでいるわけですね。
 >アニメ版も必然的に作画が濃くなり、結果勢いで押すこともできなくなるという……
今のところ、頑張って動かす事で誤魔化してますけど、もう一工夫しないと、早晩単調になりそうですよね……。
 >「強すぎるヒーローは怪人とあまり変わらない」というのを描写するために入れているかなと。
ああ、ある種の怪物性の強調として、敢えて両者の行動の結果を同列に描いている、と。