はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

1961

Beniさん
 >小説「超人幻想 神化三十六年」読みました。
 >神化40年代がなぜああなのかという理解の一助になりますし、今後の話についても想像させてくれます。
アニメの内容を少し漂わせつつ、神化の世界観を深める感じなのですねー。脚本家の書く小説、にちょっと不信感があって保留していたのですが、本編に思った以上にはまっているので、手を伸ばしてみようかなぁ……。
 >どうやら、神化43年と48年がターニングポイントのようです。
爾朗の退職が既に推測よりかなり早かったり、年表並べてこんな感じになるのかなーと予想してみたら、そんな甘い推察はお見通しだ、とばかりに裏をかかれている気分です(笑) まあ、予想は裏切られてこそ楽しいですが!(笑)