はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『手裏剣戦隊ニンニンジャー』感想・第37話

◆忍びの37「手裏剣伝説〜ラストニンジャへの道〜」◆ (監督:渡辺勝也 脚本:下山健人)
進路指導の教師から、「ラストニンジャについてもう少し調べるように」と進路調査票を渡された凪は、好天による体験型本格RPG『ラストニンジャへの道』をプレイする事になり、一同揃ってゲームの世界でコスプレ回。
凪と進路面談をした教師がラストニンジャについて微妙な反応で、今更ファンタジー扱いするのかと思ったら、家庭の事情を深く追求しない方がいいと思ったのか突っ込んだ言及をしない為、結局作品の中でニンジャがどういう扱いなのか、相変わらずもやもや。本当に「覚悟」が足りないのは、いったい誰なのか、少しばかり考えさせられる所です。
その頃、前回派手に吹っ飛ばされた末にドラム缶の下敷きになっていた正影は、九衛門に助けられる。恐れエネルギー不足で急に苦しみだした奥方の為に、ニンニンジャーに悟られずにこっそり恐れエネルギーを集めようとした正影はコンピューターに侵入できる妖怪モクモクレンを放つが、それがかえってニンニンジャーとバッティングする事に。
画面に、ドット表示で「やくものこうげき!」など出る演出は、ネタ回としては悪くなかったと思います。少々RPGの表現が古すぎる気はしましたが、途中で妖怪に襲われた子供達は割と最近ぽいゲームをやっていたり、スマホゲーだったりしたので、別にリサーチ不足というわけではなく、演出としてのわかりやすさ優先した模様。
順調にゲームを進めていたニンニンジャーはゲームの中でモクモクレンと出会い、プログラム書き換え攻撃に苦戦。怪人・赤ピーマン再びは飛び道具で面白かったのですが、どうやってプログラム攻撃を破るのかと思ったら、結局、スーパースターが力尽くという、凝りきれなさは相変わらず残念(^^; 反撃を受けて倒れたポンチョは元妖刀を黄色にパス。
「凪ぼっちゃん、これを、お使いくださいやし!」
え?
使えるの??(^^;
別に専用武器でも無かった元妖刀を手にした黄色は一度は倒れるも、簡単にリセットしないで難敵に立ち向かう覚悟にゲームが応え、覚悟手裏剣を入手。
中盤以降、年下で成長要素が強い・メンバーの中では比較的演技が達者、という事で物語内における凪のウェイトが上がっており、それ自体はどの戦隊でも起こりうる事なのですが、どうして、〔凪が一皮剥けて超絶→キンジがスーパー化→凪が覚悟を知って成長〕という構成になったのか(^^;
前々回、自分に自信を持つ事で成長が描かれた凪が、今回は、強敵に立ち向かう覚悟を得て成長する、という内容も若干被り気味(更に言えば、今回の覚悟の決め方は以前のユキオンナ回と被り気味)。
せめて今回はスター以外と絡めばいいものを、武器を渡す都合でスターもアピールしてしまった為、3話続けて、画面が黄色過ぎます。
6人はゲームの世界から飛び出し、黄色が覚悟手裏剣斬りを決めてモクモクレンを撃破。手裏剣は好天に回収され、この後の会話だと実物の<終わりの手裏剣>だという扱いを受けるのですが、本当にそれでいいのか。まあ天晴達の勝手な推測による誤解という可能性の方が高そうですけど。
にしても、ライオンハオーの回を受けて“他者を認める”ようになった変化の描写なのかもしれませんが、凪が先に<終わりの手裏剣>を使ってしまったかもしれない事件にも、「よーし、俺も頑張るぞ」的な感じで済ます最近の天晴は、丸くなったというより、がつがつした飢えが無くなったなぁ。
序盤の天晴は正直好きではありませんでしたが、飢えの無い天晴は、それはそれで個性が消えてきた気もします(^^;
単発として見ればそれほど悪くない出来だったのですが、立て続けに凪を持ち上げて、体験ゲームのギミック扱いだった<終わりの手裏剣>がなし崩しで本物扱いを受けるという大きな展開が上手くなく、どうもスッキリしないエピソードに。そろそろ3クール目も終わりますが、物語全体の引きの弱さとバランスの悪さが目立つ事になりました。
そんな中、妙な態度を見せていたキンジが1人どこかへ……というのは今作これまでにない伏線の見せ方で、最終クールに向けた布石としては悪くなかったです。正直、今作ここまでの出来から判断する限りでは、下山さんはメインライターとしては力不足に思えますが、最終クール、逆転の盛り上がりに多少なりとも期待したい。
次回――マジ黄色。…………て、世界繋がってるの?! というか、八雲が残念クール気取りを通り越して可哀想な子になったのは、師匠のせいかぁぁぁぁぁぁっっっ!!