はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

そう、煩悩が足りない

◆wayさん
 >『ジャンパーソン』と同年公開の『仮面ライダーZO』で主人公・麻生勝を演じられた方でもあります。
 >何かと人間やめてる・人間っぽくないキャラに縁があるような(笑)
おお、それは続いてますねー(笑) 『ZO』は未見なのですが、手持ちの本になかなか二枚目のスチルを発見し、とりあえずしばらく、シグさん推しで行きたいと思います。
 >そこから毛利さんはそういうつもりで脚本書いていたけど、下山さんの方は特に考えてないとかのような(^^;
個人設定でも面白ければいいのですが、どうもこう、毛利さんは入れている割にラブネタに対する執着が今ひとつ感じられなくて(笑) そこは、もっと、煩悩が欲しいわけですよ!(おぃ)
 >忍者スズメバチ相手のロミオとジュリエット作戦の時も「英国紳士のたしなみ」「やっくんイギリス人じゃないし」のやりとり
あ、その回でもありましたか、ありがとうございます。脚本家としての狙い自体はわかるし、毛利さんの長所だとは思うのですけどね……(^^;
 >正直、今回見ていた時に感じたのは「これ本気で面白いと思ってるの?」でした。
少なくとも、他で広げてもらえなかった時点で一発ネタにしておくべきでしたよね……。
 >「超絶アオを出せ」というノルマでもあったのでしょうか(^^;
一通り超絶するように、というオーダーが出たとかならまだわかるのですが、その次の回で霞がキャラクター性優先して超絶拒否、とかしてしまうので、本当にスタッフは何をしたいのか、という不信感がそろそろ(^^;
 >見た目としてもほとんど赤いのであまり違いを感じませんし、根本的に上位フォームとして天晴以外も変化できる設定は失敗だと思います。
超絶、赤すぎて区別がつかない、というのは割と致命的ですよね……。
 >立ち上がりから大事故すぎて今回吹っ飛ばした方がいっそよかったのでは(^^;
正直、このままリタイアされても何も惜しくないなー、とは思いました(笑)
◆さやまきさん
 >今まで何を積み重ねてきたのか
 >ちゃんとフラグは立ててきたのか
 >監督脚本はちゃんと打ち合わせしてるのか
これまで、大丈夫か? と思っていた部分が、どうやら大丈夫ではなかった……という感じになってきてしまいましたね(^^;
 >若がバカと思わせて実は強いのもバカ演技とスーツがピッタリ過ぎて(笑)
置鮎さん起用なのでもう少し演技を変えてもらうのかと思ったら、そうでも無かったですね。そして若のスーツは、微妙に刀と鞘が安っぽいのがとても気になります(笑)
 >それなら顔とかの意匠を変えるなりしたほうが見た目にも説得力が出たと思うんですが…
ああ確かに、一部デザイン変えるぐらいのハッタリはあって良かったかもですねー。結局、メンバー最弱と思われる白を叩きのめしただけですし……(^^;
◆wander_sheepさん
 >どうせ濡れ衣着せるなら、3人を死亡扱いではなく逃亡中ということにすれば
 >かなり動きづらくなると思うのですが、エイリアンの皆さんはどうも詰めが甘いような。
私も最初、追われる身になるのかなぁと思ったらあっさり死亡扱いで驚いたのですが、エイリアンは横領に夢中で、まだそこまで人間社会の事がわかっていないのかもしれません……。
 >そこまですると3人があまりに孤立無援で、物語がいきなり重くなりすぎるのを避けたのですかね?
恐らく、「エイリアンは本当に3人の生存に気付いていない」 か「生きているのはわかっているが居場所を探している」というのを、先の展開次第でどちらにでも転がせるように曖昧にしたのだと思うのですが、結果として大きな地雷が埋設されてしまった気がします(笑)
 >帽子が影になって目元を隠してるのでどんな顔なのか結局あまりわからないんですよね・・・。
新しい方向性をアピールしようとしすぎて、OPも渋くしすぎた感じですよねー。お陰で、1話時点で顔がはっきりわかるの、主任だけだという……(笑)
 >31話にて、敵に「いいところ」を奪われた桃が青に抱き着く場面が確かあったと思い
録画残していないので断言できないのですが、多分そこは、妖怪が化けた偽桃ニンジャだったかと。間接的にスタッフの意識の端には設定があったのかもですが、ホント、あるならあるで案件ですね(笑)
 >予告見たとき、こんな売れっ子子役がゲスト出演かーとびっくりしました。
おお、そのぐらいのキャストでした。という事は、確かに気付かず見てそうです。
 >39話、ティーパーティー作戦がいつの間にか実際に進行中問題は、私も戸惑いましたし
ちょっとわかりにくかったですよね(^^; 特にその後のシーンが重要な筈のシーンでしたし、そういう点でも、もう少しストレートに見せて欲しかったです。
 >悩むことそれ自体は、悪いことでも何でもないはずだと思うのですけどね。
立ち止まっているよりも動いた方がいい、みたいなニュアンスはわからないでもないのですが、このキーワードの為に、かえってキャラクターが問題を乗り越える的な展開がうまく転がってないですよねー(^^;
◆橘まことさん
 >なんというか牙鬼軍団って本当に強かったのか? 感が半端ないです(笑
牙鬼軍団の脅威度がいまいちよくわからない、というのも序盤からの問題点でしたが、結局何も改善されないまま、終盤まで来てしまいましたね……(^^; お陰で幻月復活へ向けたサスペンスも特に盛り上がらないという。
 >各話の連動性のなさについては、「前の話は忘れて脚本書いてください」と厳命されているのだと思うようにしました(^ ^;
むしろオーダー……!