はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

筋肉の王者

◆さやまきさん
すみません、尺度は人それぞれですし玩具関係でのバレもありますが、放映中の作品という事で本編に描かれている以外の情報に関しては、なるべく言及を避けていただけると助かります(^^; 大変申し訳ありませんが、他の閲覧者への配慮として、該当部分は消させていただきました。ご了解いただければ幸いです。
 >ジュウオウジャーは序盤から好調で凄く当たりを引いた感がありますね〜
今のところかなり良い感じですね! 細かい所も目配りが出来ていて、香村さんがここまで書けるとは、正直予想以上でした。
 >今回は回想シーンでの鮫姐さんの涙が特にハイブローだと思いました
台詞で伝える所と、絵で見せる所の緩急がついているのもいいですよね。
 >ライオンと鮫で話に1本筋を通しつつキャラクターをしっかり見せるのは単純に見ていて面白かったですし楽しかったです
2人の関係性と感情のもつれも面白かったですし、メイン以外のキャラにも毎回ワンポイント与えているのがまた、凄くいいですね。この調子で進んでほしいものです……。
 >そして来週は6人目…とおもいきやガオマッスルパターンとわ!
ゴリラはアメリカだと人気モチーフ、と聞いた事があるのですが、やはり外せないのでしょうか……(笑)
◆wander_sheepさん
 >27話は、ウインスペクターで竜馬さんが記憶喪失になる話をつい連想しました。
けっこう軽く引き金を引きまくる竜馬さん……(笑)
 >この回のBGMはメロディアスなものが多くて、いい雰囲気を出してましたよね!
挿入歌と一緒に、追加発注分でも出来てきたのか、ちょっとBGMのバリエーションが広がってきたのはいい感じですね。
 >真也の方はそうではないのですよね。自身の言葉で母親に思いを伝えることはできなかった。
この辺り母親も含めて、どこまで納得できるか人によってだいぶ差が出そうとは思うのですが、良くも悪くも『ブルースワット』が、すれ違った人々の問題を本気で解決しようとする作品ではない、という部分は滲み出ている気はします。今作に関してはその、何もかも解決できないよね、という部分は自覚的(自虐的)に描写しているのかな、という気は最近してきましたが。
 >タスクが一瞬「・・・そっちなら、ありかも」という表情を見せたように感じたのは気のせいでしょうか(笑)
レオよりは……と心が動いた変な間はあった気がします(笑)
 >「相手を怒らせてしまうだろうけど、自分はこうしたい」という身勝手さの自覚は
 >ちゃんと示されていたのですね!それならレオへの印象も違ってきます。
一歩間違えると、俺の美学がこうだから、と押しつけになってしまいますが、レオはそこで、相手の気持ちはそれとは別のものだ、というのをちゃんとわかっているキャラクターとして描かれているのだろうなーと。
◆ナシナさん
 >記憶喪失の要素だけでメンバー間の対立を集中して書ききれば、盛り上がりそうだったのに残念です。
ブルースワット同士だと、スーツで殴り合うしか出来ないと思って、爆弾の要素を足したんですかねぇ……。
 >火炎放射器のくだりは荒療治過ぎて、ある意味面白いのですが、記憶を取り戻す故の行動だという説得力はないですね。
シグ的にはジスプの攻撃の再現のつもりだったのでしょうが、映像的に馬鹿っぽいインパクトが強くなりすぎましたね(笑)
 >その割には葛藤も苦悩もなく、平気で人を爆弾で吹き飛ばす危険人物になってしまい、これは脚本と演出の連携が上手くいっていないのでしょうか?
地雷のスイッチは六角が押すとか、銃を撃つ前にちょっと躊躇うとかあれば全然印象違ったと思うのですが、どうしてこうなったんですかね……ただ脚本の宮下さんは時々、一見善玉サイドだけど事情に関わらず悪いゲスト、を入れてくる事があるので、わざとかもしれない気も(^^;
 >私も母親に会えず、本当の想いを伝えられなかった息子の無念さはもう少し強調しても良かったとは思います。
セイジの台詞で強引に納得させてしまいましたしね……(^^; 構造としては、セイジが真也を救う、という要素を強調したかったのでしょうが。
 >いつの間にか裏切った死刑囚エイリアンの処刑が方針の中心になり、言及もされずに何がしたかったのかよく分からなくなってしました。
……そういえば、どうなったんですかね、透明化マシン……(^^;
 >ザジ少年の身体についても、人質(主にシグ対象)として十分有効活用できるのに、結構軽い感じで捉えているのはどうかと思いました。
ムッシュはそこ、こだわってくれないと作品コンセプトとして困るんですよね!(笑)
 >あと、ムッシュに対して、2度も必死に謝る六角エイリアンはちょっと面白かったです。
六角は最近、ブルースワットが来たぎゃー! 装置が壊れたぎゃー! みたいな事ばかりなってますね(笑) 戦うと普通に強いのですが……。
 >こうなると六角エイリアンが実は女性!ということもあり得るのでしょうか?
恒例の消えた設定ですが、序盤はエイリアンごとに憑依に適した肉体がある、みたいな表現があったので、基本的には性別は一致していると考えるのが無難なのかな、と思います。
 >悪役っていろんなタイプがいますけど、この場合は可哀相な過去持ちとかで同情心を煽ったりせず、最後まで堂々と悪を貫いてほしいです。
デスガリアンの徹底的に邪悪でわかり合えない感じはかなり良いので、推し進めていってほしいですねー。
 >展開によってはまた出てくるかもしれない今後に繋がる含みを持たせたのも良かったです。
1エピソードで何でも丸く収めないで、長編の要素を色々と散りばめていく意識があるのが見えたも、今回ポイント高かったなーと。
 >いろんなキューブ型の動物が出てきてほしいですけど、空気にならなければいいですね。
今のところかなりペース速いので、そこはちょっと不安ですね(笑)