はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ピンポイント射撃は一般技能

◆ナシナさん
 >本人だけでなく、事務所や時の運、あとは昔と今とでは特撮業界での実情も大きく違うでしょうし、難しい所かと思います。
こればっかりはホント、一視聴者の身としては何ともでありますが、近年は世間の色眼鏡も薄れてきて、役者さんが出やすくなったのは本当に良かったですね。
 >特定の名前もない為、エイリアン一体一体どう呼べばいいのか分からないのが不便といえば不便ですね。
一人ぐらいは身内で名前を呼ばせるとかしてもいいと思うのですけどね……(^^;
 >ところで地球侵略に向けて、密かにかつ慎重に動いているのにも関わらず、だんだん証拠隠滅が雑になってませんか?
給料の払いが悪いのか、割と下っ端が適当な事をする組織の気がしてきました、スペースマフィア(笑)
 >そういうキャラなのに前面に出過ぎているので、極力トラックの中にいるか、最低限の攻撃防御は何とかするべきかと思います。
もっとハッキリ役割分担するのかと思ったら、セイジがけっこう現場に出てくるのは、ちょっと不思議な所ですよね(^^;
 >何で以前は隠していたのか? 最初から正体を明かせば、組織壊滅など最悪の結果にならなかったじゃないのかと未だに考えてしまい
誰も知らない秘密を戦友としてショウとサラにだけ話す、なら熱かったのですけど、話聞く限り、“上層部”には正体を明かして説明したとしか思えないのが、ちょっと困った所ですよねー。
 >2人が活躍しているというより、ショウはプラマイゼロになっていて、サラは今一つ埋没している風に見えます。
ああ、ショウとサラならではの特殊スキルが無い、というのは確かにありますね。サラの射撃上手は結局標準装備になるので目立たない、はそれこそ『ウインスペクター』でも同じ失敗をやっていたりします(^^; サラは、強く「戦う理由」を持っているとかで差別化できたかとも思うのですが、むしろそこはふわっとしてしまいましたし……。
 >シグ以外の地球外生命体が冷酷で非情な生物だからこそ、という強調も入っているのでしょうか?
ロボットを別にすると、知的生命体は基本的に殺さない路線が続いていたので、敵はとにかく悪のエイリアンだから殺していいんだ! というのを強調する意図はあったのかもですね。
 >けど、今回コミカルパートが出てきて、そろそろ路線変更かもしれないですね、そうしたら、また描写の変化が見られるのでしょうか。
予告を見る限り、次回のエイリアンが個性をつけたキャラクターになっていそうなので、どんな描写になってくるか、期待と不安が半々です(笑)