はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

挑発の達人

◆タイキさん
 >レッドマンの領域まで行くと猟奇殺人鬼というよりはそれがもうノルマになっている気がします(笑)
もう狩らずにはいられない……。
 >設定(というか企画書段階)では「レッド星雲のレッド星からやってきた平和を愛する戦士」
そんな堂々とした建前を(笑) まあ、被害者の怪獣や異星人も、スイッチ入ると平気で人間を食べていたりする可能性はあるので、レッドマンもスイッチの入っていない日常生活では、家庭の団らんとかを愛して……いるのかも……しれないですね……。
 >異星人やら怪獣やらがやって来たら問答無用で理由なく殺害という風に考えると確かに自国の平和を愛していると言えるでしょう。
色々な正義がありすぎる、ってやつですね(笑)
◆ナシナさん
 >実は注意を反らす為の演技で、引き付けている間に何とか最低限の情報を流すとか、もっと緊迫した雰囲気を出して欲しかったです。
そういうところで“知恵と工夫”を見せてこそ面白くなるのに、そういう肉付けが全く無いんですよね(^^; ストーリー展開を楽にしすぎで面白くならないという。
 >サラを攫う際にスペースマフィアの最高権力者が自らわざわざ老婆に成りすましてまで、囮を買って出た意味があったのでしょうか?
これまでを見ると、部下の知力が信用できない可能性……。
 >その脅威に対して、ブルースワット側のリアクションがないので、ちょっと苦しいですし、次の話になったら忘れられそうです。
本当はSS−17を遠隔操作されたのは大事件の筈なので、そこを広げれば良かったと思うのですが、サラとクイーンとジスプとプラチナムと、と手足り次第に詰め込みすぎて、全てが薄いんですよね……(^^;
 >それと相変わらずショウの対エイリアンの挑発レベルが高いですね。
ショウが採用された本当の理由が垣間見える気がします(笑)
 >随分ブサイクになったというか、グロテスクになりましたけど、頭に刺してある薬瓶が映るとちょっと笑えます。
思いっきりグロテスクに寄せたの自体は面白いと思うのですが、折角なので、性格がより攻撃的になるとか、そういう変化は欲しかったですねー。
 >エイリアンの感性は人間と違って、顔の変形はちょっとしたイメチェンレベルなんだと思うことにします。
ああ成る程、髪型変わった、ぐらいな(笑)
 >やはり"ハイパーショウ"というネーミングはいまいち締まらないなぁと思いました。
初期の方向性がうまく行かなかった時点で、もっと大胆に切り替えて良かったのでは……とどうしても思いますね(^^;