はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

重い荷物を枕にしたら

◆大迫直哉さん
 >別れに言いに行くところ、最終決戦。何度見ても辛いです。
みんなわかっているのだけど口には出さない、というのが凄くいいですよねー。
 >あの薔薇のタトゥの女の思わせぶりな言葉と羊皮紙の狼の紋章は映画のフラグの予定だったので残念な感じに。
ああ! 当時噂はあった映画への仕込みだったのですか! 唐突にあそこで新要素が出てきて解決されないのは、そんな事情があったのですね。
 >13年後の後日談で色々と明かされたりとか、新展開があったりして思うところはありましたがおすすめ。
おお、そうですか。ライダー系の小説は手を出した事が無いのですが、機会があれば手にとってみたいと思います。
◆橘まことさん
 >やっぱり展開が雑すぎますよねえ。
そう持ってくるならこのシーンに意味が無くてはいけないのでは、という所が軒並み無意味で何の繋がりもないですものねー(^^; 全てが場当たり的で、正直、素人が5人ぐらいで集まって書いているみたいというか……。
 >最後のテコ入れなのか「家族」というテーマを取り込んだせいで、これまでのエピソードがただの茶番になってしまいましたね。
まがりなりにもここまで見てきて、3クール分全て灰燼に帰したのは、ダメージが大きかったです……。
 >終わりの手裏剣についても、これまでの展開をぐちゃぐちゃにしそうな新設定が出てきそうな気がして怖いです(^ ^;
この上、謎のままの何でもありアイテムが残っているんですよねぇ……(^^;
◆さやまきさん
 >ハオーシュリケンジンをまるごと奪われる過程がよく解らなくて
ライオンハオーが洗脳されるまではいいとして、勝手にシュリケンジン合体??? その場合、バイソンキングも入っているのだっけ……とか考えている内に思いっきり振り落とされました(笑)
 >(本来この手の展開は最強ロボを乗っ取られて残った1号ロボでどう立ち向かうかが燃えポイントだと思いますので)
ロボット同士のヒエラルキーもハッキリしないので、ハオーシュリケンジンを奪われた事のピンチ度自体もよくわからないんですよね……(^^;
 >そこまでのドキドキ感とかが一切なく急に洗脳発動唐突にシュリケンジンごと乗っ取られで
育成もあって加藤監督にクリスマス編を回した面はありそうですが、素直にロボット大好き竹本監督に回せばまだ幾分マシになった気はします……(^^;
 >正直最後の九衛門の爆破告白以外はトイレに流しちゃっても構わない激寒な展開でしたね
……ええ、もう、なんていうか(笑)
 >アンタやっぱり自分のミスを孫にケツ拭かせようとしてたんだな!
爺ちゃん、九衛門の正体に気付いていなかったら大間抜けだし、わかっていたなら改めて師匠失格だし、単純に、個人能力だけあって他者を導けない人になってますよね……(^^;
 >カブトムシをも圧倒した黒金(僕は当時そう呼んでましたアメイジングマイティ)が戦闘シーンすらなくいきなり敗北
最強だと思われたフォームを、ある意味で“使い捨て”してしまうというのは、当時私も衝撃的でした。
 >それに応答する911後に描かれるべきアンサーとして剣最終回を書いたとはっきり述べられてますので
クウガ』の最終決戦はある種のアンチ・ヒロイズムに辿り着いてしまっていますが、それに対するアンサーとしてのヒロイズムを描いたというのは、會川さんらしい感じですね。