はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

「夢」「家族」「学び」

◆wayさん
 >もともとロシアが好きで、大学でもロシア語の勉強をしていたのでロシア語は得意な方で
成る程、役からロシアではなく、ロシアから役?だったのですね。
 >切り売りと言うかプライドがないというか、クローズはディスピアの配下についていられるなら後は何でもいい人っぽいので、
 >セコイことでも平気でやれるのかもと思います。
ああ、確かに。ようやく49話まで見たのですが、なんか一連の行動に納得がいきました。最終回で、クローズをどう意味づけてくるかは、楽しみですね。
 >同じテーマを題材にして、一部のプロデューサーが共通しているのに、この2作品で向かっている方向が全然違うのは、いったいどうしたわけなんでしょう(^^;
ここまで来るとどうも、企画段階からテーマを共通させて作ったのでは、という感じですが、どうしてこうなったのでしょうねぇ……(^^;
 >悪の組織バッドエンド王国の望む「バッドエンド」が、努力して失敗し傷つくことを恐れて怠惰な快楽に沈む世界
そ、それは素敵なバッドエンド……?(待て)