はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

成敗!

◆gariさん
 >いろいろと惜しい部分や気になる部分はありますが、それでも「やりきった」事が素晴らしい、そんな作品だったと思います。
エピソードエピソードの完成度が弱い所はありますが、途中で楽な作りに転換しないで、本当に最後までやりきりましたね。
 >次作フォーゼとの合作なのでそっち見てないと見づらいと言う問題が。
おおそれが、合作映画の罠(^^; 『フォーゼ』は序盤ちらっとしか見ていないのですが、今見たらまた印象変わるかなぁ……。
 >鴻上会長については、MEGAMAXの他、「将軍と21のコアメダル」の方の映画、小説版、ついでにヒーローショー辺りで
 >いろいろと補足がされていますが、まあ背景が分かっても行動が増えてもやっぱり印象変わらなかったりはします。
ありましたね、暴れん坊コラボ! 当時、『オーズ』見ていないのに見に行ってしまおうか少し悩んだのを思い出しました(笑) 会長は、主人公さしおいて作品のシンボルみたいな人ですよね……ある意味で、『オーズ』のもやっとした部分を体現しているというか(^^;
◆さやまきさん
 >個人的に最終回のオリジナルタトバは(もう最終回で予算もないとは言え)普通のタトバと変えて欲しかったかなぁと言うのもありましたが(苦笑)
もう一声、なぜタトバだけは特別なのか、というのがあったらより盛り上がったかもですね。……まあ都合により、すぐ砕けてしまいますが(^^;
 >そして!この後はmovie大戦MEGAMAXに続きますよ!
おお、MEGAMAX良いですかー。『W』はかなり好きなので、絡むというのは気になります……。
 >伊達さんや後藤ちゃんのその後
実はあのエンディングで一番気になっているの、後藤さんのその後なんですよね……(笑)
 >やはり昭和レジェンドがコンプリートするようです!
ショ、ショッカーライダー……なんか、ズルい……(笑)
◆micさん
 >公式読本では小林さんは、ラストで映司を死なせようとか考えていたらしいですが、途中で震災があり、人死には書きたくないと、
 >ああいう終わり方になったようです。
「別れ」という要素をテーマとして大事にしている事もあってか、小林さんは割と、ヒロイズムを突き詰めていった時に何かの喪失に辿り着く事がありますが、今作の最終回の背後には、そういうのもあったのですね。道中が道中なだけに、メタな部分でもオーズが希望を掴むヒーローに辿り着いたのはとても良かったですね。
 >驚きました。公式読本で小林さんがそっくりそのまま書いてます。「アンクは「ありがとう」が言えないから」と。
おお、そうでしたか。アンク、どこまでも意地っ張りな……!(笑)
 >はい、次のMOVIE大戦(MEGAMAX)で引き起こします。ついでに言うと前のMOVIE大戦(CORE)でも、劇場版(将軍と…)でも引き起こしてます。
か、会長……迫り来る終末の中、悠揚とケーキ作っている所なんかは好きだったんですが(笑)
◆タイキさん
 >当時は映司は凄く感情移入しにくくアンクの方が共感しやすいというのもちらほらありました。
実はずっと、映司がこれだけややこしいから、アンクも更にややこしいに違いない、と構えて見ていました(笑) 
 >かなり難解なキャラの立て方ですよね、殿以上に自分の命簡単に賭け過ぎですw
一見わかりやすいヒーロー像なのに凄くアンチヒーロー的な作劇という、厄介な主人公と作品ですよね(^^;
 >その作家にとってのカッコいいヒーロー像みたいなものって大抵初期作品で出るそうですね
ああ、最初に一番書きたいヒーローを書いて、その後はドンドンひねりが入っていく……みたいな(笑)
 >そう聞くと確かに初期の頃に比べて近作の小林靖子さんの主人公って「変」なのが多いですよねw
小林さん自身が、キチガイを書くのが巧くなっている、というのもあるような気がします(笑)
◆ナシナさん
 >使い道が限定されていて、あまり登場頻度は高くなさそうですけど、いざという時の秘密兵器扱いになりそうですね。
割と普通にジャマール側の脅威な感じなので、どんな扱いにしていくのかはちょっと楽しみです。
 >身勝手と言えば身勝手ですが(本人もそう言ってましたし)郷愁の思いを持っていただけの、良くも悪くも普通の人でした。
人道的な思いから裏切ってというパターンではなく、自分の為の逃亡で、でもその普通の人を守る拓也に心打たれて……というのは面白い部分でしたね。ちょっと話が忙しくて、書き込みきれなかったのが勿体なかったですが。
 >次元を移動する類の技術がない地球はインフラ設備のない未開の地のような認識で、拓也たちが思っている以上に、堪えていたのかもしれません。
この辺り、異次元人との文明ギャップみたいな要素がちょっと入っていたのも面白かったですね。
 >そろそろメイン回が回ってきて、挽回してもらいたいです。
ブラックはブーストの欲しいタイミングで夏休みに突入してしまったので、休み明けまでは駄目そうでしょうか……(涙) いっそ、夏期休暇を与えてあげてほしい……。
 >周りの人々が知らぬ顔している中、悪さをする子供を叱りつけるというのなら、まだ良い点も見いだせたのですが、
普通にそういう演出で良かったのに、いちいちやりすぎてましたよね……(^^;
 >父と息子の和解話の中で"樹木医としての大作"って、とても大事な要素なんですけど、本当に話に出てきませんでしたね。
例えば、樹木医としての大作、を父親が認めてくれた事を知った大作が、ここ一番でカナヅチを克服する、というのなら話の流れが成立するのですが、その辺りの話のルールが何故か逆なんですよねー(^^;
 >地球に平和と取り戻したのでビーファイター解散!という流れになったら、再び漁師にしようと連れ戻しに来るでしょうね。
今回の話だけだと、間違いなく来ますよね(笑) 何も解決していない……。
 >海ごとヘドロ攻撃をしないばかりか、手をこまねいているだけのエビガーニャの図はおかしいと思いました。
人間の絆を嘲笑う悪、みたいなニュアンスだったのかもしれませんが、話運びも演出も、雑すぎましたね……。
 >こうしたい、ああしたいという意図はあったと思うのですが、タイアップ要素も含めて、いろんな要素がいまいち噛み合っていないお話でした。
浅香脚本は基本的に、要素1を入れると要素2を忘れて、要素3を入れると要素2がどうでもよくなって、気がつくと現在位置を見失うんですよね……(^^;
 >いろいろと可動ができるようで、クォリティが良さそうですね。
お値段もしますが、作りはしっかりしていて、さすがのバンダイです。
 >一つ目ヘッドと人間体ヘッドが付いたら、さらに夢が広がりそうです。
冷静になって考えてみると、人間体ヘッドは生首感強すぎて駄目ですかね……。