はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

天が呼ぶ地が呼ぶ宇宙来た

とりあえず『MEGAMAX』がバンダイチャンネルにある事を確認。
◆wayさん
 >色からしてウヴァのセリフ「2対1とか卑怯だろ!」を思い出す視聴者が多かったらしく、当時からネタにされています(笑)
ウヴァ、確かに、動画にコメントつけてそう……(笑)
 >個人的に、坂本監督のアクションシーンはウルトラシリーズとかでも結構好きなのですが、
 >たまに設定面で「ん?」って思うところあったり、こういう煩悩むき出しなところとか辟易することがあって、評価が難しい人です。
映像面でも作り込みの面でも、良くも悪くもフェチズムが出がちな印象です(^^; 力入っている所と雑な所のムラが大きいというか、その分、思い入れとスピード感がはまると爆発するみたいな。
 >今後の展開とか踏まえても、何故ラブレターを捨てるみたいなキャラにされていたのか、今でもよくわかりません(^^;
あのやたらマンガ的な美形キャラのような扱い、実はリアルタイムで見た時に凄く引っかかった部分だったのですが、その後、全然そういう事ないですものねぇ……(^^;
 >スコーピオンゾディアーツの使う技は「蠍子拳」蠍を模した実在する中国拳法で、結構衝撃的でした。
実在の拳法がモチーフだったのですか。重そうな格好からまさかの動きで、格好良かったですね。
 >序盤の学園描写は色々疑問に思うところがあったのですが、特にジェイクは当時から首をひねりながら見てました(^^;
弦太朗の性格からすれば、けじめに一発殴るぐらいしてもアリだったのではと思ったのですが、乱闘はOKでも、最後に殴って解決、みたいなのは難しかったのですかねぇ……(^^;
◆マットさん
 >くさやの干物みたいなもんで、好きになるとメッチャはまるんですが。
ああその表現、凄く納得です(笑) そういう点では、匂いを気にする前にとにかく噛んでみる、というまとめ見が結構向いた作品なのかなぁと、今実感中です。
 >思うに昭和40〜50年代あたりの雰囲気が大好きなんでしょうね。
弦太朗の、男気キャラなんだけど、割とどんな女の子にでもコロコロ転がされるとかも、その辺りのノリなんですかねー(笑)
 >ムービー大戦が良く出来ているので、オーズ好きならフォーゼにも付き合っておくとより楽しめるかな、という感じです。
MEGAMAX評判いいですねー。ペースが見えてきたので、まずは『フォーゼ』本編頑張りたいと思います。
◆micさん
 >「渡部秀君の新人らしからぬ奔放さと三浦涼介君のベテランと思えぬ神経質さは相容れない感覚があって、
 >現場の関係性にいい緊張感をもたらしたかも…」
あーあーあー(笑) なんかこう、行間が凄く読めますね(^^;
 >フォーゼって、MOVIE大戦2本の出来が異様にいいんです。キャラクターもシチュエーションも最高で。
作風的に、凝縮して勢いで見せるのがピタッとはまったんですかね。どんどん、見るのが楽しみになってきました。
◆さやまきさん
 >ちなみに主人公がストロンガーなのは坂本監督がストロンガー好きだからだと思いますww(ストロンガー好きだとはっきり明言してます)
ストロンガーはどこ行ったのだろう?と悩んでいたのですが、弦太朗が「ARAKI SIGERU」なんですね。やっとわかりました(^^;
 >放送当時は友人と一緒にヘタレ教師の[相方]がいつ登場するかと推測してたりしましたが…(苦笑)
へたれがリタイアしたと思ったら、相方が新任教師としてやってきたら視聴者大困惑ですね……(笑)
 >ちなみにラビットハッチの入口問題はすぐ物語で(かなりちゃんと)取り上げられますよww
ツッコミを待つレベルで明らかに適当ですものね、あれ……(笑)
 >息もつかせず見せるという意味では通常盤のほうが完成度が高かった気がします
坂本監督は、そういう方向性が得意な感じですよねー。あれだけスピーディな流れで話組めるのは、おっしゃる通り編集センスの高さがあるのでしょうが。どうせだったらTV画面がいいので、近くにあると良いのですが、両方あるようだったら通常版にしてみます。