はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ブレイブに踊るぜ

◆wander_sheepさん
 >劇中描写からも予想できる範囲内だったとはいえ、盛大なOPクレジットバレでしたね。
隠さない具合でいうと、仮面キャラの声優バレに近い感じで(笑)
 >シャンゼリオンを配信時に見たときに、レギュラーキャラ以外のキャストクレジットはEDで流れていた
ああー、見ている時は全く気にしていませんでしたが、言われてみればそうですね。東映ヒーロー物では確かに珍しいですが、放送局とかの関係なんですかねー。
 >まさか移植するとは予想外で、ここまでやることによで、よりクバルの執念が感じられました。
クバルはホント面白くなってきましたね。その分アザルドが物語に絡んでくる気配がまるで無いですが、一化けあるのかどうか。
 >アムのような強くてかわいい女性を自分も目指す!となるんだろうなと思ったら
 >単に恋の対象が代わっただけだったのは残念なポイントでしたね。
最後に真美の変化が特に起こらないので、アムの台詞が空振りになってしまいましたものね(^^; あそこ繋げてくれると、バラエティ回に加えて、交流テーマもしっかり収まってくれたのですが。
◆さやまきさん
 >いつメロディがキョウリュウジャー化してしまうかとハラハラしてましたが(苦笑)
怪人がガブリンチョで強化しなくて良かったです(笑)
 >サンバというチョイス自体がどうだったんだという
話と全然関係なかったですし、アイデアストックの中からわかりやすくネタ怪人を選んだのですかねー……(^^;
 >実に独特な人間関係を描いてますよね( ̄▽ ̄)
一段大人というか、外向けのコミュニケーションと気を許した身内のやり取りをここまで意識的に区別して描いている戦隊というのも割と珍しいかもしれないですね。後、あまり共依存の無い関係というか。
◆橘まことさん
 >「守られるだけじゃないお姫様」に憧れるようになる、というのなら最初の少年を最後に出してもいいし
その辺りを丁寧に繋げてくれれば一つ二つ完成度が上がったであろうだけに、ちょっと勿体ない感じがありましたよねー。少年は一方的に傷つけられて終わってしまいましたし(^^;
 >「メッセージ性の強い話ばかりじゃあ、作る方も見る方も肩がこるでしょ?」というスタッフの優しさだと思うことにしました(笑
脚本はともかく、加藤監督が燃え尽きているのは仕方ないよね! という(笑)
 >同じく伏線の多かった『シンケンジャー』の36話がカレー話だったことに気づき、少し不安が和らぎました(笑
……本当だ(笑) 『シンケン』の場合、4クール目に全振り、みたいな所もありましたが、今作は11月もあまり緩めずに来るみたいなので、このままの完走を願いたいですね。
◆ナシナさん
 >デスガリアンサイドからゲームの駒以下みたいな言われようで、死後もボロボロですが、まぁ行いが悪かったですね。
とにかくクズで変態で、死後にも追い打ちされる、というのは、悪としてはとても良かったと思います(笑)
 >右手の移植手術後のクバルは手段は選ばない復讐の鬼みたいな感じです。駆け足にならずにちゃんと描いてほしいです。
本格的に復讐者となるなら、今後のジュウオウジャーとの関係性がどうなるかなど、クバルは楽しみになってきましたねー。
 >ゲーム内容はダンスを踊ると不規則に噴き上がる火柱を避けることでしょうか?
チームアザルドなので、深く考えないで暴れているだけ、という事なのかなと(笑) こういう時は便利なチームアザルド。
 >これもどこまでネタとして受け止めて笑えるかが、面白さの分かれ目かなぁと思いました。
タスクを酷い扱いにしてオチをつける、というのは確かに、引っかかる方は引っかかる形だったかもですね(^^;
 >まぁ、タスクよりも冒頭に出てきた名無しの少年のほうが可哀想でした。
ギャグとして笑うにはちょっと扱いが酷すぎましたよね。あの少年の放置は気になってしまった所です。
 >どうでもいいことですけど、今回のアムのポジションをセラに置き換えても成立しそうなお話しかなとも思いました。
今回弱いのはそこですよね。タスクとの関係を誤解されて絡まれる為のアムであって、そこから一歩進んでアムと真美の関係性が劇的な変化を及ぼさないまま終わってしまうので、無難に収めたけど物足りないという。