はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

スペース土下座

◆ナシナさん
 >いきなり綺麗になられても困るし、碌な最期を迎えられないだろうなぁと思っていたら、まぁ痛々しかったです。
作品としてあまりデスガリアン側と交渉可能性を出しにくいので、卑劣で卑屈で……と、見事に落ちぶれましたね(^^;
 >長い話数をかけて描いてきたので、一人で強くなったのではなく、みんなが居たからこそ強くなれたという説得力がありました。
繋がりの戦隊であるジュウオウジャーらしいまとまりになりましたね。一種の最終回というか……サワオがここまで主役属性を持つ事になろうとは(笑)
 >今までは大和から見たフィルター越しで仄めかしていましたが、冷たいというより不器用で率直に気持ちを伝えられない父親という印象です。
お父さんも幅のある感じで、過去も含めてどんな形に描かれていくのか、楽しみですね〜。
 >誤解や思い込みが相当入っていて、その辺りが今まで書かれてなかった大和の"未熟さ"というところでしょうか。
基本的に“よく出来た”主人公だった大和ですが、最後の最後で大和の課題を突いてくるなら構成として面白く、踏み込んで欲しい展開です。
 >キューブの謎や、ここにきて今までクバルの乱に一人蚊帳の外状態だったアザルドに思わぬ伏線ができ、ナリアもナリアで
怒濤の勢いでキャラクターみんな拾ってきましたね。しっかりした使い切りを期待したいです。