はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

草津はなんでも知っている

◆インザファイさん
 >そういえば私が以前ジライヤのゲスト出演回でトトメスを紹介していましたね(笑)
プロデューサー繋がりという事で(笑)
 >今週の配信回(警官回)でナイルの悪魔に取り憑かれていない一般人を攻撃してしまい、恨みを買っています(笑)
浦沢ワールドはいまいち肌に合わないのですが、色々こう、凄いですよね……(笑)
 >全て東條監督のせいにも出来ないですが、演出に関してはどうしても東條監督に非があることを否めないのも事実ですね・・・
小林脚本という事でハードル上がってた事もありちょっと粗の方が気になったのですが、今作における東條監督の出来を見ると、中盤〜終盤の情報がまとまっていない感じは、演出が冴えてないのかなぁという印象にはなってしまいますね(^^;
◆さやまさん
 >やはり問題は面白いんですが別にビーファイターでもカブトでもある必然が全く皆無な所で
変化球はまあいいとして、ストレートの投げ方を忘れつつあるというか、『カブト』ならではの面白さ、みたいなのが薄いですよね(^^; 前作が『ビーファイター』ならでは、という押し出しが強めの作品だっただけにまた。
 >なんだかんだで温泉女将話はあってもなくても大した影響はないし
草津温泉ロケありきで、三味線はそこから繋げたのだと思うのですが、先日ハワイアンだったばかりなのに草津温泉というのは、東條監督の慰労企画だったりしたのでしょうかね……。
 >どうしてシリーズ化する度に迷走とテコ入れが複雑に交錯するスクランブル交差点みたいになっちゃうのかなぁσ(^_^;)
おいしい所だけ拾って根幹設定を無視すると、どうも背骨がなくてぐらぐらみたいな感じになってしまいますよねぇ……。
 >ダンジョン飯も次で完結なんですかね〜?
世界観拡張の余地は残しつつ、適度な所で終わりそうな雰囲気ありますよね。
 >意地の悪いゲームマスターならその辺を細かく攻撃して財宝か食料か帰還かの究極の選択を迫ったりするので
「こまめに罠探知しないヤツは死ね!」というのは凄くTPRG的ですよね(笑) その辺りのエッセンスが、ブラック気味の笑いに昇華されつつ世界観と密接に絡んでいるのが巧いなぁと思います。
 >20年前ならダンジョン飯TRPGとか速攻で発売して友達と一緒にやってただろうなぁとか思いながら(苦笑)
ああ確かに、90年代だとルール化してそうですね……(笑)