はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

放浪惑星

◆輝剣さん
 >青が赤の暴走をサポートをしてしまっていましたが、自分が赤のアクティブさに救われたばかりなので仕方がないのかなぁ。
青が赤を信じる、というのはまあ良いとしても、他の3人のリアクション無しにしてしまったのがまずかったですよね……そこで温度差を出してこそ、青の見せる信頼も活きてくるわけですし。
 >第1話の赤の台詞も既存の作品に似たものが多いと感じましたが、今回は物の見事に上っ面だけになってしまった感じが。
この台詞の重ねというかオマージュというかは、意図して毎回やろうとしていたりすると、この先ちょっと心配になる要素ですね(^^;
 >宇宙幕府の描写も雑でしたが、せめてお代官様にはBN団にかけられた賞金に気付いて欲しかったです。
そのぐらいの賞金首は沢山居るという事だったのかもしれませんが……代官はホント、適当すぎましたね(^^;
 >とはいえ金銀のキャラクター性を押し出すことには成功したと思いますし、9人揃ったらいい意味で化学変化を起こすかもしれません。
キャラの個性自体はそれぞれ付けられているので、メンバー揃ってから巧く転がってほしいですねー。
◆つがなさん
 >どうも「初期メンバー9人」に拘り過ぎるあまり、駆け足になり過ぎなような。このエピソードは前後編くらいにしても良かった気がします。
ギミックもキャラも次々と一緒に出して話が雑になってしまう……って、どこかで聞いたような……(^^;
 >一応チャラ男と見せかけて一筋縄では行かないバランスと、殆ど子供同然に感情を学んでいる途上のナーガというキャラは強く押し出せてはいましたが。
バランスは色々と引っかき回せそうですし、ナーガはどのキャラと絡めても面白くなりそうですね。
 >ガルの「流石ラッキーだな」を聞いて一昨年の天晴持ち上げを思い出した人は他にも居るはず。またバカレッドヨイショは勘弁してよ…?
今回、ガル以外の4人をほぼノーリアクションで誤魔化してしまいましたが、個々人の立場や考え方の違いはきちっと出してほしいですね……ラプターとか本当なら、ラッキーを独房にぶち込んでもいいぐらいでは(笑)
 >捕まえた段階で同じ星に来てたエリードロンに引き渡せば良かったんじゃないかと。
前後の辻褄考えると、御家老、部下に黙って新作ゲームとか買いに来ていたのでは疑惑。
 >何で溶鉱炉に落とすなんて死体の残らなさそうな殺し方をしようとするのか。
あれはホント……(笑) キュータマ回収ぐらいしてくれれば、バランスの再裏切りもひねり加えられて良かったのですが。
◆さやまきさん
 >各色初回エピソードは前年を念頭に置いて見てねって作り手の驕りでもあるのかしらん?とか思ってしまいます
どこから足場を固めるかというか、ここまではお約束扱いで丁寧に描写しなくてもいいよね、という案配がその年のスタッフの裁量による所は結構あるのでしょうね。
 >増員しててもたった9人ぽっちでどれだけ抵抗運動とか出来るんだ?
キュウレンジャーの活躍によって、各地でレジスタンスが立ち上がって80個ぐらい開放された……となりそうですよね(笑) 或いは銀河の彼方から、クロフネ帝国が襲来するのか……。
 >いくらまだメンバーが揃ってないにしても目算もなしにダーツに頼ってたら(なんかダーツというのが変に引っかかってしまってσ(^_^;))
解放運動は9人揃ってから、と一応理由はつけていますが、9人揃うと何が凄いのか、というのが明示されていないのが少々ネックになってますよねー。次回、偉い人が出てくるようなので、うまく方向を見せてくれると良いのですが。
 >ラッキーの強運スキルもご都合主義的なマイナスにしか働かなくなっちゃうんだけどな〜と
信頼関係があった上で幸運が一押しするのではなく、幸運なので信頼関係はいらない、みたいな話になってしまいましたからね……(^^;
◆つるさん
 >ラッキーが1人で飛び出して行ったのは、運試しに仲間を巻き込むつもりは無かったって事なのかなーと個人的には思うのですが、
 >それだと今度はバランスが助けに来る!って発言と正面衝突してしまうので、なんだかなあって感じですね…
ラッキーがまだ集団行動に慣れていない、という見せ方はありだとは思うのですが、散々「仲間」を語った上に、バランスが助けてくれると思い込んでいる、というのは噛み合いませんでしたよね……。
 >金銀含めてキャラは嫌いじゃないので早めにフォローが貰えればなんとか許容範囲かな、とは思いますが
舞台設定を活かしての若干濃い目のキャラ重視、というのはホント新しい事が出来そうなので、巧く回ってほしいですね。
 >ただ、青の唐突なラッキー上げや緑はとりあえずウケさせとけみたいな空気はちょっと気になりましたね…
緑は、女の子一人だから放っておいても好かれるだろう、と油断していると危ない雰囲気ありますね(^^; むしろ適宜フォロー入れてるスパーダの方が好感度上がってしまいそうという(笑)
◆橘まことさん
 >吊られたシーンから見始めたのですが、「俺の信じるバランス〜」のセリフと青もふ君がラッキー信者になっていたのを見て、
 >軽く嫌な予感がしていました(笑
ええとまあ今回は、見落としてもあまりガックリしなくて良い回だったかな、と(笑)
 >「3話で変化をつけるから、逆に1〜2話はテンプレofテンプレ展開で」といった軸が先にあり、それに合わせるのに失敗した、
 >といったところなんでしょうか。
近作は1クール目ぐらいはびしっと展開決まっているのでしょうが、初期メンバーの関係性が曖昧なまま更に2人追加する為に、全てが都合の為の都合になってしまった感じでしたね(^^;
 >今のラッキーにとっては、キュウレンジャーになることも宇宙幕府に逆らうことも単に「やりたいから」に過ぎず
正義の怒りはあるにしても、「幕府に逆らう」という選択肢の意味がラッキーの中で凄く軽いようにしか見えないので、ラッキーが幕府についてよく理解していない、というのは割と設定ミスだった気がするんですよね……。
 >一通り導入エピソードを終えたら、ラッキーが救世主になる第一歩を踏み出す話をやってもらいたいですけど、
このまま進まれるとドンドン穴が大きくなりそうなので、救世主になるとはどういう事か、という意味づけと自覚は描いてほしいですよね……長官キャラとの絡みでラッキーが自分の選択を見つめ直すターンでもあれば良いのですが。