はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

江神二郎の洞察

◆橘まことさん
 >火村シリーズはセンチメンタルな部分をアリスが一手に引き受け、火村はソリッドに謎に挑むので、
 >特に短編集は「ミステリを読んでる」感が強いですよね。
その辺りのバランス感覚が、有栖川さんは小説家として巧いなーと感じます。ちょうど今、江神シリーズの短編集を読んでいるのですが、再読も含めてこの機会に江神シリーズを一気に通読してみようかな、と思っています。
 >『帽子から飛び出した死』は好みの作りのようなので、今度読んでみようと思います。
ちょっと蘊蓄が回りくどいですが、お薦めです。