はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ポケモン道

ポケットモンスターY』は現在、ジムバッジ5つ。
とりあえず主力ポケモンのLVを50にしようと、二つ星レストランに通い続ける日々。
割と育成の大変なゲームなので恐らくそれ用と思われるのですが、レストランで15000円払ってコース料理を頼むと、次々と店員に襲われます。
3on3を4連戦する事になるのですが、敵固定・ポケモンの出し入れで弱いポケモンにも経験値を与えやすい・1戦ごとに食事で全回復・獲得賞金2倍のアイテムを装備しておくと店員から合計2万円ほど奪える・お土産として1個2500円で売れるキノコを15−20ほど貰える、と諸条件が極めて良く、ひたすらレストランで戦い続けています。
……というかこれ明らかに、周囲の客を楽しませる為のショーの出演者にされていますよね?!
出演料金だと思うと、お金にもお土産にも納得です。
冒険を終える頃には百貫デブのトレーナーが誕生しそうですが、その分、スケートや自転車で走り回っているから、きっと大丈夫。
今作、歩く、ダッシュ、スケート、自転車、と基本的に4つの移動方法があって、それぞれ勝手が違うのは使い分けが面倒くさいといえば面倒くさいのですが、細かな遊び心が溢れています。
細かな、といえば、小さな子供やポケモンと会話する時に、主人公が腰をかがめて目線を合わせようとするのは、ゲーム的には余計な動作なのですけど、成る程そういうゲームなのだな、と感心。
あと個人的に好きなのが、高級店における、「ポケモントレーナーとしての腕」=「お手前」という表現。
ポケモンは力ではない。
ポケモンは道だ!