はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

雰囲気に流される男

◆さやまきさん
 >兄貴の言動1ミリも信用出来ないでしょーが!と画面にツッコミの嵐でした(笑)
スティンガーは私の中で急速に、デート商法に引っかかって羽毛布団10セット買ってしまう男になりつつあります。
 >やっぱり数を少し減らしてダイエットしないとそろそろマズいのかなぁみたいに見えてしまいますし
別働隊が合流したと思ったら、また同じコンビが一時離脱、というのはストーリーとしては順当なものの、ギミックとしては同じ事の繰り返しになってしまいましたしね(^^; どうせならそこで一工夫あるとまた違ってきたのですけど。
 >レギュラーと言えども安泰ではなくなるとしたら それはそれで新しいですけど…
思い切って仕掛けてくるとスリリングになりますが、そろそろ少し、最近おバカっぽい幕府の脅威感も欲しいですよね……。
 >見事なまでにキュウレンと逆ポジションになってるのが確実に狙ってるぽくて堪りませんww
『鎧武』は未見なのですが、スコルピオの必殺キックが何となくアギトっぽかったり、仮面ライダーのイメージを故意に入れている感じありますよね(笑)
 >復活チャンプの魔改造(笑)とかも含め
少なくとも右手にサイコガンかパイルバンカーは欲しいです(笑)
◆つがなさん
 >スコルピオの素顔、写真と見比べてみると分かりますが演者の久保田さんとそっくりに造形されてるっぽいです(特に顎のライン)。
デザイン的にも、本人の変質、というのが強調されているのですね。仮面を外したら美形キャラ……と見せかけてあそこまでの凶悪な顔、というのは良かったですね。
 >よりによって「ショーグン直属の暗殺者」たるマーダッコに下克上の意思を明らかにしてしまったのがスコルピオの限界な感じもします。
そんなマーダッコすら取り込む悪の魅力……というよりは、ちょっと抜けた人、て感じですよね(笑)
 >これは復帰したスティンガー&チャンプに引導を渡される以外に、ショーグン自らもしくは3人目のカローに粛清される末路も有りえそうです。
徹底して悪に振ってくれると、潔く散ってもみっともなく散ってもどちらでも面白くなるので、是非ともブレずに突き進んでほしいですね。
 >ただ仰るとおり「俺には兄貴しか居ない」をもっと印象付ける事が出来てればな、とも思います。
そこが強いほど、「兄貴に裏切られたから死んでもいい」スティンガーに、チャンプが「今は俺(たち)が居る」と生きる理由を与えるのが光るので、詰めの甘さがどうも気に掛かってしまいます(^^;
 >で小太郎は、バラバラのチャンプを抱える後悔と絶望で鬱状態のスティンガーと出くわすわけか…画面に映ったら良い子のトラウマまっしぐら。
それを乗り越えて、少年は戦士になるのですね……。
 >あるいは他に出す予定が無いから死ぬたびに性格が変わる設定にしてるのだろうか。
はすっぱ・お嬢様・セクシー、と使ってしまったので、その可能性はありそうですね。なんか段々、タコだけひたすら生き残ってもいい気がしてきました(笑)
◆橘まことさん
 >最終的にはラプターも追加されたり、挙句にはオリオン号とドッキングとか?
ラプターは後半きっと、オリオン号の限界を超えた飛行性能を発揮させる為に船と直接結線して「ラプターは俺たちを生き延びさせる為に犠牲になったんだ……」をやってくれると期待しています(おぃ)
 >そのせいで危機感もないし幕府の恐ろしさも感じられず、結果、主人公サイドの決意の重さも比例的に軽くなっているというか。
スケール感を出す為に地球以外にも出張したのは良かったのですが、その都合でダイジェスト気味に地球では連戦連勝を描いて幕府の格が落ちたりと、どうも噛み合わないですね(^^;
 >脚本の毛利さんはスティンガーを追い込みすぎて辛くなったそうですが
ええっ……?!(井上敏樹とか小林靖子が座っている方に視線をやりながら)
 >「描写しなくても伝わる」「描写しなければ伝わらない」の境界線が、ちょっとずれているのではないかなあと思ったり。
豊富に用意した設定が、作り手の中だけで形になってしまっている悪いパターンに陥っている不安は感じますよねー。視点の変わるサブライターとか入ってくれるといいのですが。