はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

戦う正義のエージェント

◆Tさん
 >こんにちは。感想記事が面白く、思わず読みふけってしまいました。笑
ありがとうございます。『ゴーバス』は半分まで行って中断していてすみません……(^^;
 >ヒロムのウィークポイントは「極度のパニック状態に陥った時のフリーズ」なので、
 >彼がパニック状態に陥るのがたまたまニワトリだったという話なんだと思います。
なるほど、「ニワトリ→フリーズ」ではなく、「ニワトリ→パニック→フリーズ」という事ですね。今作この辺り、説明する事が多すぎて設定先行になりがちだったのが、勿体なかったと思う所です。
◆えぬさん
 >例の「ドルゲは架空…」というテロップは、放送当時「ドルゲ」という名のドイツ人少年の抗議文が、放送局に届いたからだと、
 >何かの特撮本で読みました。ドルゲ人間態と召使いがフェードアウトしたのも、それが原因だとか。
おお、ありがとうございます。謎の外国紳士にした事で、異質感と現実の存在感が悪い具合に混ざり合ってしまうというような事があったのですね……。